NEUMANN KHシリーズから、シリーズ初のDSP搭載モデルKH 80 DSPが発売されます。4インチと自宅ユースでも使いやすいサイズ。KHシリーズは、以前に本誌モニター・スピーカー特集で紹介した際にも抜群のサウンドを聞かせてくれていたので、KH 80 DSPにも期待!


KH 80 DSPは4インチ+1インチ、120W+70Wの高効率アンプ搭載の2ウェイパワードモニタースピーカーです。シリーズ初となるDSPを搭載しており精度と柔軟性の向上に成功し、一貫したサウンドを再現することが可能となります。

またKHシリーズではおなじみの高音域を水平軸により拡散するMMD™ウェーブガイド設計により位置に縛られない作業が可能となります。

KH 80 DSPは、スタジオニアフィールドモニターだけではなく、小型マルチチャンネルシステムのフロント/リアスピーカーとして使用するように設計されています。また、デスクトップミュージック等のホームレコーディングにも適しています。

また、2018年販売予定のアラインメントキットPAK 1(販売価格未定)を用いたIPネットワーク接続により、PC / Mac、またはAndroid / iOSタブレット上で動作する【Neumann.Control】ソフトウェアを使用してシステムを制御することが可能です。これにより様々な音響的条件が異なる環境下でも一貫したサウンドを再現いたします。

特徴

  • 高性能の120Wと70Wアンプを搭載した4 “+ 1″ドライバ
  • 高音域を水平軸により拡散するMMD™ウェーブガイド設計
  • 108.8dBのSPL(1mの距離)の最大音圧
  • 標準的なIPネットワークとNeumann.Controlソフトウェア
    (2018年リリース予定)に対応したDSPエンジン
    ※画像は開発中の画面となります。

■税抜き価格

7万5,000円 / 1本

■お問い合わせ先

ゼンハイザー・ジャパン
メーカーの製品紹介ページ