ピアノらしいタッチと高品位なサウンドを実現。実用的な88鍵盤モデル

MXシリーズの88鍵モデル

MXシリーズといえば、気軽に使えるシンセサイザーの人気モデル。シンセサイザーの定番としてサウンドの評価も高い、MOTIFシリーズ直系の1,000以上のサウンドを搭載しつつ、軽量で低価格です。ライブ・ユースのキーボーディストはもちろん、音楽制作用途で使っている人も多いでしょう。そんなMXシリーズの新たなラインアップとして、88鍵モデル「MX88」が登場です。

88鍵ということで、当然ピアノ・タッチとなっています。鍵盤は上位モデルであるMOTIFでも採用されているグレードハンマースタンダード(GHS)鍵盤が採用されています。アコースティック・ピアノは低音域では重く、高音域に行くほど軽いタッチになるという特徴があるのですが、GHS鍵盤はその特徴や演奏時の自然なクリック感を再現しているのが特徴です。そして音源部としっかりマッチングされているというのがポイント。これにより、アコースティック・ピアノを弾き慣れているプレイヤーでも違和感なく弾ける演奏感が実現されているのです。

気になる重量は13.9kg。88鍵のシンセサイザーとしては十分軽量と言えます。オプションでキャスター付きのソフトケースも販売されているので、組み合わせれば女性でも十分持ち運べるレベルです。88鍵が弾きたいけど重くて持ち運ぶのが大変だから…と諦めていた人には朗報です。

ライブでも制作でも

音源部は先述の通りMOTIF直系のAWM2音源で、定評のあるアコースティック・ピアノ音色をはじめ、バンドで使用頻度の高い定番音色、最新のシンセ音色まで網羅しています。また、ユーザー・インターフェイスもシンプルで、楽器の種類やサウンド・キャラクター別に16個のカテゴリ−・ボタンを使うことで目的の音色に素早く切り替えが可能です。スプリットやレイヤーもワンアクションで設定できたり、4つのつまみを使って音色をリアルタイムに変化させることもできます。

本体にはシーケンサーも内蔵しているので、曲作りからライブのオケ出しまで対応可能。そしてUSBでパソコンと接続すればオーディオとMIDIをケーブル1本でやりとりできるので、バンドルされるCubase AIと組み合わせれば、音楽制作システムの中枢として活用することができます。

さらにLightning – USBカメラアダプタを使えばiOSデバイスでも使用できるというのも魅力。iOSデバイスの音をMX88から出したり、MX88の鍵盤でiOS上のシンセ・アプリを演奏する…などいろいろな用途で活用できます。


■税抜き価格

オープン(実勢価格:11万円)

■お問い合わせ先

ヤマハミュージックジャパン
メーカーの製品紹介ページ