サウンドの要たるエフェクト・ボードは、ギタリストのこだわりの証! ペダル・ボードを見れば、プレイスタイルやサウンド傾向はもちろん、ギタリストの性格すら伺えると言っても過言ではありません。このコーナーでは皆さん自慢の、こだわりのエフェクト・ボードを紹介します。

kaz-uさん(東京都羽村市)

ギター FENDER USA TELE→BOSS/TU-8→HAO/RUMBLE MOD.→CROWTHER AUDIO/HOT CAKE→N.Y.G/BAD TRIP FUZZ→MAXON/CS-550→SIB!/MR ECHO→GUYATONEBOSS/PW-10→AMP

アルミレールを使用し、信号ラインと電源ラインの干渉を防いでいます。歪み系はRumbleでクランチ、HOT CAKEで深めの歪みを作って使用しています。CS-550とPW-10の『UNI-V 』モードや、Bad Trip FuzzとPW-10『VOICE』モードの併用も飛び道具的な要素で重宝しています。ギターソロ時はME2イコライザで中音域と音量をブーストして対応しています。

姫原 聖さん(埼玉県蓮田市)

Gt→N.Y.G./OCTAGON(Send)→CAJ/RS442Ⅱ(In)→A・Y・A/R-COMP(L1)→Xotic/RC Booster(L2)→A・Y・A/drivesta(L3)→Eventide/TIMEFACTOR(L4)→RS442Ⅱ(Out)→OCTAGON(Return)→Amp

ポイントはN.Y.G.にオーダーしたOCTAGON!1イン/2アウトボックスとパワーサプライを兼ねていて、3つあるスイッチはチューナーアウト、ループのオン/オフ、アウトプットの切替になっています。ループにRS442Ⅱを入れてあるので一発でバイパス音の出力が可能。RS442Ⅱの上にモード切替スイッチを配置したので操作性が非常に良いです。あとA・Y・Aのゆる〜い見た目がお気に入り!

Hata Clashedさん(茨城県日立市)

Ex-pro/32volt clean booster→Sonic Resrearch/ST-200→BOSSGE-7→BOSS/RV-5→B.K. Butler/TUBE DRIVER→Leqtique/Maestro Antique Revised→Paul Cochrane/Timmy Overdrive→Shun Nokina Design/Redemptionist→Bonsai Baby Products/Ultima Overdrive5→Devi Ever Fx/Hyperion→BOSS/DD-3→BOSS/DD-6

スイッチャーは使わずにシンプルに直列で繋いでいます。歪みは多ければ多いほど楽しいので、できるだけ詰め込みました。轟音インスト用にリバーブは歪みの前に配置して芯をぼかしています。

TONNYさん(神奈川県横浜市)

VOX/V847 original buffer MOD→KORG/PITCH BLACK→MXR/SUPER COMP→MAD PROFESSOR/SWEET HONEY OVER DRIVE→FULLTONE/OCD Ver.2→CREWS Maniac Sound/G.O.D (Genius Over Drive)→BOSS/DS-1 original Boost MOD.→FULL TONE/FULL DRIVE 2 MOSFET→BOSS/TR-2 original Boost MOD.→Electro-Harmonix/SMALL CLONE Boost MOD.→BOSS/DD-20→KORG/XVP-10

エフェクターボードは、FRP樹脂とカーボンファイバーで制作し、アクリル板でボード内を見せ、超高輝度LEDを使い怪しく輝くボードを作りました。耐久性に優れ、頑丈でカッコイイをテーマに作製しています。自社にてエフェクターボードのセンチ単位で受けるオーダーも受け付けております。

Mid Horseさん(神奈川県茅ヶ崎市)

ギター(オリジナル LPタイプDC)→KORG XVP-10→BUDDA BUD-WAH改(ロアケースを純正紫からCryBaby黒に変更)→Noah’s Ark PTBS-1→オリジナル(KLON CETRAUSのコピー)→MXR SIX BAND EQ→electro-harmonix English MUFF’N改(真空管を純正12AY7からGT 12AX7-R3に変更)→BOSS PS-5 SUPER Shifter→Maxon CS505 STEREO CHORUS→BOSS DD-3 Digital Deley→BOSS RV-5 Digital Reverb→KORG DT-10→C.A.J. AC→DC STATION ver.2

コンセプトは「どこのスタジオ、アンプでも近い音が出せるボード」です。ギター→エフェクト→エフェクトリターンを前提として組まれています。English MUFF’Nをプリとして機軸に、基本的には歪ませた音をメイン使用します。真空管交換でハイゲイン仕様なので骨太なHRサウンドになっています。クリーンはグライコをプリの代用としてセッティングしています。空間系はあまりに使わないので必要最小限で使い勝手の良い物にしています。パッチケーブルは全て自作でベルデン8412とスイッチクラフトプラグを使用して製作しました。

Issyさん(大阪府東大阪市)

Guitar→CUSTOM AUDIO JAPAN / Smart Buffer→KORG / DT-10→Digitech / Whammy 4→ MUSIC SOUND DESIGN / Silver Machine→Providence / PEC-2→ Loop7→OKKO / DOMINATER→ Loop1→Fulltone / Fat Boost→ Loop2→Eventide / MOD Factor⇔KORG / XVP-10→ Loop3→ Electro Harmonix / Small Clone→ Loop4→t.c.electronic/Nova Repeater→ Loop5→t.c.electronic / Nova Delay→ JC-120 AMP

エフェクターボードにこだわった点は、“エフェクティブな奏法”“パフォーマンスの妨げにならない機能性”の2点です。そのためエフェクターをたくさん使うので、音痩せ防止のバッファーや演奏にストレスなく集中できるループ式スイッチャーは外せないですね。

ワウは曲中に使うことが多いので、足をのせるだけでオンになるSilver Machineが重宝しています。またディレイが2種類あるのがこだわりで、ソロ用とバッキング用にわかれていて、NOVA DELAYはプリセットを何個か保存できるので飛ぶ道具として使っています。


投稿をお待ちしております!

このコーナーでは、皆さんのエフェクト・ボードの投稿をお待ちしております。機材の自慢、ワイヤリングの自慢、高または低予算自慢など、愛するエフェクト・ボードを紹介してください。機材の料や金額などは不問です。我こそは! と思った方は、以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください!