ども…本誌編集長の三谷です。趣味が高じてヘヴィメタルの元祖BLACK SABBATHの功績を世に広めるバンドBLOOD SABBATHという社外活動をしています。いわゆるコピーバンドではなく、BLACK SABBATHの素晴らしい音楽を今の時代に広めることを目的とした広報宣伝、販売促進バンドと定義しています。

本欄では情報の少ない中でいかにトニー・アイオミ先生のサウンドに近づけるか…というテーマで日頃の試行錯誤、研究過程を紹介しています。研究結果に興味のある方は毎月開催しているライブ(スケジュールは最下段の枠外を参照)に足を運ぶか、YouTubeやmixiで公開中の映像をご覧ください。マイミクも歓迎致します。「みたによしゆき」で検索してください。

アイオミ先生の先を行く?

ちょっと前までその簡便性からDUNLOPのCRYBABY CLASSICを使っていました。本体の左にエフェクトのオン・オフの情報がわかりやすいように青色LEDを搭載したことは既報の通りですが、今回はアイオミ先生御用達のTYCOBRAHEのWAHにも青色LEDを付けてもらいました。青くペイントされた鉄板の、重く、いかつい形状とオン・オフのスイッチの踏み込み具合が微妙で、何度かオンだと思ってゴキゲンで踏んでたのに実はオフだった!という類の失敗のトラウマから使うのを避けていたのですが(笑)、販売促進バンドの使命、本分を守るため、使うことを再決意しました。

そこで無様な失敗を二度と繰り返さないために青色LEDを取り付けたのです。このTYCOBRAHEですが、電池交換の際、本体と裏ブタが完全に分離してしまうので青色LEDの配線が切れることが心配でした。そこに配慮してエンジニア氏は接触タイプの接点を自作してくれました。これで断線を気にしないで電池交換が堂々とできます。

せっかくだからこの機会に…とポットのギアの位置を入念に調整して、WAHがいい感じに掛かるように変化範囲を設定したので、アイオミ先生独特のあの粘っこいサウンドに近づけたと自負しております(たぶん…ですが)。残念なことにBLACK SABBATHにはあまりWAHを使う曲はありませんが、ここぞ!という時はこれでバッチリです。
▲TYCOBRAHEのWAHの左側に青色LEDを取り付けました。これなら暗いステージでも視認性大ですわ
▲裏ブタを外すとこうなってます。スイッチを交換し、青色LEDは接点で接触するようになりました

自分でやれば失敗も愛着に

先月に続き、今月も本体に大きな改造をしちゃいました(笑)。ブリッジとテールピースをGIBSONの純正から一体型のSHALLER 456Cというものに交換しました。専門家に依頼するつもりが、例によって「自分でやった方がいいよ」の一言。結局、師匠の指導の元、自分でやってみることに。

これが簡単そうに思えて、実はとーっても大変でした。元々付いていたGIBSONのブリッジとテールピースを外し、空いた穴を木とボンドで埋める。接着剤が乾燥するとブリッジを支えるアンカー・スタッドを埋め込む穴を開けるのですが、穴埋めに使った木材は当然本体とは違うのでボール盤で穴を開ける際に、元の穴に引っ張られる始末。中心をポンチで取ったにもかかわらず…。これは明らかに失敗です。

この位置がズレるとオクターブ・チューニングが合わなくなるので一大事です。二度目に失敗した後、さすがに見兼ねたのか(苦笑)、最後は師匠が穴あけを担当してくれました(安心)。SHALLERには遊びがほとんどなく、きっちりと寸法を合わさないとアンカー・スタッドにブリッジが入りませんでした。取り付けが完了し、弦を張ってみるとややテンションが下がった感じがしました。それで正しいのだそうです。

ピックアップ、ペグからブリッジまでアイオミ先生を真似してみると、もっとやりたくなってきますね。ついでにトグル・スイッチのトップを黒色のものに交換。トーンのポットにはプレートを差し込みました。調子に乗ってアメリカの部品メーカーにGIBSON ES335などに付いているバリトン・スイッチを注文したので、次号で紹介できるかな…。さらに、年内〜年明けにはインレイを十字架に変更したいと考えております。
▲作業台に鎮座する「まな板の上の鯉」状態の愛器SG 1号。まさか自分で作業することになるとは
▲術前のGIBSONのオリジナル・パーツの雄姿。アイオミ先生の秘密に近づくための本体改造第2弾
▲格闘すること数時間。取り付け完了。よく見るとオリジナル・パーツのテールピースのネジ穴が…
▲真剣です。ボール盤で本体に取り付け穴を開ける。こう見えても本業は社長です。編集長ですから

システムについて考える…

BLOOD SABBATHではチューニングによって2本のギターを使い分けているのですが、2本のギターの出力が微妙に違っていたり(困ったものです)、曲によってアンプの音量を変えるためにボリュームペダルをアンプのインプットに入る直前で使っています(ロー・インピーダンス仕様)。

ところが、ライブでは最初に想定した通りの位置に踏み込めるとは限らず、イラッとすることも少なくありません(笑)。ボリュームペダルじゃなく、ポットにオン・オフのスイッチを取り付けたものを自作しようか…とボンヤリと考えていたら、あるんですね、そういうことをコントロールできる機材が…。おおっまたCUSTOM AUDIO ENGINEERINGか。不覚でした。気がつきませんでした。

▲パワーアンプに入力する信号をVCAでコントロールできる。これでフットボリュームが不要になる

それが写真の製品です。LANEYのアンプにはSEND/RETURNをパラレル入力にするスイッチがあるので、原音を損ねることなく、ECLIPSEで作った空間系のエフェクトを加算しているのですが、音量をコントロールするとなると本体をパラレルにしていては原音の音量が下がらないので、シングル・モードにしなければなりません。そこで原音を素通しさせて、エフェクトをミックスするミキサーも必要になってきます。ありゃりゃ、そうなるとECLIPSEだけ入った1Uのラックが最低でも2Uになってしまいます。そうなりゃ、オンにしたままのブースターやEQもラックの中に入れちゃえ!という気持ちがムクムクしてきました。いきなり5Uかよ〜(重)。しかも、セットをコントロールするにはフット・コントローラーも必要になってきますよね。まさにアイオミ先生の足元…TYCOBRAHEのワウとPETE CORNISH作成のスイッチボードだけ…にどんどんと近寄って来るのですがうれしいのはボクだけ?

▲SEND/RETURNに原音をストレートに流し、エフェクト音とミックスすることで音痩せを軽減できる