ど〜も…本誌編集長の三谷です。趣味が高じてヘヴィメタルの元祖BLACK SABBATHの功績を世に広めるバンドBLOOD SABBATHという社外活動をしています。いわゆるコピーバンドではなく、BLACK SABBATHの素晴らしい音楽を今の時代に広めることを目的とした広報宣伝、販売促進バンドと定義しています。

本欄では情報の少ない中でいかにトニー・アイオミ先生のサウンドに近づけるか…というテーマで日頃の試行錯誤、研究過程を紹介しています。研究結果に興味のある方はBLOOD SABBATHのライブに足を運ぶか、YouTube(BLOOD SABBATHで検索すると出てきます)やmixi(マイミク歓迎。「みたによしゆき」で検索してください)、MySPACE(右上にURLがあります)などで公開中の映像をご覧ください。

海外に部品を発注するも撃沈

前回はギター本体に手を加えたわけですが、とある筋から海外のパーツ通販サイトを教えてもらい、調べてみるとアイオミ先生が過去に付けていたんじゃないかと推測されるバリアブル・トーン・スイッチ、通称バリトン・スイッチが売っているではないですか。他にもダイオードでクリップさせると思われるオーバードライブとか、面白いパーツが売っていたので2〜3点注文してみた。待つこと2週間強でパーツが届いた。

開封すると手書きでこちらの名前宛の挨拶状兼インボイスが入っており、いかにもガレージ・メーカー、ガレージ・カンパニーって感じで好感が持てる。早々にインフィニティ・プロダクツに大判焼きのお土産持参でお邪魔して(文字通り、年末の忙しい中を邪魔しに行った感じだが…苦笑)、早速取り付けてみる。完全に取り付けてしまうと気に入らないときに外すのが面倒なので、ギター本体の裏ブタを開けて、配線だけ済ませて、サウンドをチェックしてみる。

1つめはダイオードを使ったオーバードライブ機能付きのトーンコントロール。確かに、ある時点からサウンドがクリップするのだが、アイオミ先生のサウンドじゃないね。面白いけど、残念ながらBLOOD SABBATHには要らないね…ということで没。

2つめはバリトン・スイッチ。これまた、ロータリー・スイッチの切り替えで個性的なサウンドに変化することはわかったが、結局どのポジションにしてもアイオミ先生のサウンドとは方向違いでこれまた没。形だけでもロータリー・スイッチを搭載させておこうかと思ったけど、あまり意味を感じないし、余計なことはやめておこうということに。アイオミ先生もこんな感じで、バリトン・スイッチを試したものの、結局配線を外してしまったのかなぁ。

ま、未確認情報ですけどね。それにしても、海外まで部品を注文したものの完全に撃沈してしまったね…あ〜あ。
▲ダイオード1個が付いただけの簡単なオーバードライブ回路(?)搭載のトーンコントロール
▲6連のロータリースイッチでトーンを切り替えることができるバリアブル・トーン・スイッチ

年内最後のライブで成果発表

本体の電装系の改造は撃沈したまま、12/13、目黒鹿鳴館で2008年最後のライブを無事終えることができました。この1年、いろいろと本体やらなんやらをイジり倒してきたおかげで、ここんところのライブでは目指すサウンドが出せていると感じていましたが、最後のライブは十二分に満足できるものでした。何曲かの映像をMySPACEやYouTube、mixiで公開していますので興味のある人はチェックしてください。

あるリハーサルの夜、ボーカルの水野王子こと、水野松也氏がスタジオ内のミキサーに内蔵されているエフェクトをイジっているとなんだかオジーっぽいエフェクトが見つかり、それを掛けて歌うといい感じになりました。

偶然の賜物っていうのはこういう遊びやイタズラから生まれるんですね。で、帰宅後、いろいろとエフェクトで試してみたらしいですが、似た感じが出なかったので、いっそのこと同じモデルのミキサーごとライブハウスに持ち込んでみたら…というのが左下の写真です。本番前のサウンドチェックではそこそこの感じが出ていたようですが、肝心の本番になるとステージ上ではPA卓で掛けたエフェクトサウンドは聞けない上に、客席では爆音が鳴っているので録画を見ても実際はどうだったのか判断がつきませんでした(苦笑)。

あ〜、これまた自己満足で終わってしまうのか…。それでは向上心が足りないので、次回はT.C.エレクトロニックから出ている足元に置くタイプのボーカル・エフェクトに挑戦してみたいと思います。もっとも、操作するのはボクじゃないし、激しく動いている水野王子に本番中の操作が可能かどうかは怪しいもんですが。その辺りはYouTubeやMySPACEに置いてある動画をご覧いただければ一目瞭然だと思います(笑)。

オジーを真似て…というか、完全に超えちゃって、客席にバケツで水を撒くどころか、バケツそのものを投げるというパフォーマンスもやっちゃったし、1年の締めくくりのライブとしては良かったんじゃないでしょうか(爆)。来年は早ければ2月、遅くとも3月に初ライブを計画中です。興味のある方はライブで現物を見てください。

▲メインのPA卓の横に鎮座するYAMAHA EMX-5014C。水野王子のオジー声のエフェクトに使った
▲マイク1本にこのミキサーは贅沢だが、オジー声を再現するのに同機のCHORUS 2が適していた

次の目標はレコーディングに

BLOOD SABBATH結成2年。ライブは30回以上行ってきましたが、そろそろ形に残るものを作りたいということで、次の目標はレコーディングです。来春、ミニアルバムの発表が目標です。オリジナルのBLACK SABBATHの代表作品は1970年代に録音されたものですので、どう聞いてもイマドキの音とは言えず、十分に古臭いサウンドです(爆)。

実際、BLOOD SABBATHのライブでは1997年の本家BLACK SABBATHのライブのサウンドやアレンジを再現しています。それをもう少し昇華させて、2009年のサウンドに乗せたBLACK SABBATHの代表曲をレコーディングする。CD化する。販売する。印税をオリジナルのBLACK SABBATHのメンバーに還元する。うーん、なんとすばらしいのでしょう(笑)。

これぞ、BLACK SABBATHの販売促進バンドを名乗る、サバスの伝道師を名乗るに相応しい「行動」ではないでしょうか…自画自賛(爆)。レコーディング。そこで生きてくるのが、DiGiRECO誌のDAWのノウハウです。既にご存知かもしれませんが、ElectricGuitar誌は次号からDiGiRECO誌と合併します。

もちろん、毎号続けてきた「PARANOID 編集長の偏執狂日記」はそのまま継続します。しかも、範囲を広げて、機材の改造だけでなく、レコーディングに関しても紹介していく予定ですので、今まで通り、応援してくださいネ。では、次回はDiGiRECO誌上でお会いしましょう。良いお年を…。
▲いろんな部分に手を加えてきただけあって今までで一番気持ちよいサウンドが出せた年内最後のライブ。ゴキゲンで演奏中(笑)。来年の春頃にはインレイが十字架になっているハズなのだが…