ど〜も…本誌編集長の三谷です。趣味が高じてヘヴィメタルの元祖BLACK SABBATHの功績を世に広めるバンドBLOOD SABBATHという社外活動をしています。いわゆるコピーバンドではなく、BLACK SABBATHの素晴らしい音楽を今の時代に広めることを目的とした広報宣伝、販売促進バンドと定義しています。

本欄では情報の少ない中でいかにトニー・アイオミ先生のサウンドに近づけるか…というテーマで日頃の試行錯誤、研究過程を紹介しています。研究結果に興味のある方はBLOOD SABBATHのライブに足を運ぶか、YouTube(BLOOD SABBATHで検索すると出てきます)やmixi(マイミク歓迎。「みたによしゆき」で検索してください)、MySPACE(右上にURLがあります)などで公開中の映像をご覧ください。

■某月某日

あっはっはー。とうとう幼少より言われ続けた「三日坊主」の汚名を返上する時が来たようだ。しかも苦手な運動の分野でである。というのはほぼ毎日のジム通いが半年になったのだ。凄いっ。お陰で体重、体脂肪ともに大幅に軽減し、数年来の目標値をクリア。そういえば徐々にメタル体型になって来たかな(嬉)。一昨年のHEAVEN AND HELLの来日記者会見で、RONNIE JAMES DIOやTONY IOMMI先生の若々しい容姿、体型に質問した際、ミュージシャンはかっこよくなきゃ…という当たり前の回答を耳にし、彼らのナルシスト性とストイックな精神を痛切した。そのありがたいお言葉とiPODのお陰で、今はさらなる目標値にチャレンジ中である。ただ運動するだけでなく、野菜を多く摂る食生活に少しだけ変えたのが功を奏したんだと思う。ただ、見た目や健康面にはプラスな痩身化だが、ジーンズやベルトが緩くなった(笑)。まぁ、ベルトは穴を変えればいいけど、ジーンズはね…。今、買い換えても新しい目標値に達したらまた変わるから当面は買い控えだ。

某月某日

いやー参ったねー。柄になく風邪を引いてしまった。ちょうど1年前にも寝込んだので、10年に一度くらい風邪を引く程度…という健康優良説は崩れてしまった。流行のインフルエンザではなく、熱も出なかったし、のどが痛いだけだったので、ま、これでよしとしなくちゃね(声が森進一状態になりましたが)。「言わんこっちゃない。冬でもTシャツでいるからや」という短絡的、批判的な意見もチラホラ耳にしますが(笑)、意に関せず。そんなことはない。ちょっとした体調を崩しただけ。無理して薄着をしているわけじゃなく、長年の習慣の結果、薄着でいられるようになっただけじゃい。着膨れしたメタラーって…(苦笑)。

某月某日

ここ最近は劇的な機材の変化はなく、ある程度出来上がっちゃった感のあるアイオミ先生のサウンド追及。本稿27回目でもはやネタ不足に陥ったのか(苦笑)。ライブにおけるアンプやエフェクターに関してはそこそこイケてると思うので、今後はぼちぼち始めたレコーディングでどうなるかが課題だ。ギター本体にやり残していることが2つあるので、しばらくはそっちに傾倒するつもり。1つはインレイの十字架化。もう1つは24フレット化。これらは同時に解決できそうだ。まず、現在のフレットを外し、指板の古いインレイを外し、残った指板の穴を埋めた上で、新しいインレイを埋め込み、新しいフレットを打ち、摺り合わせを行う。新しいフレットはステンレスにしようかと悩み中。フレットの材質でも音が変わるしね。フレットを外した段階で、現在の22フレットに2フレットを足す予定です。インレイの十字架のデザインはアイオミ先生のOLD BOYと呼ばれるハゲたSGから取りました。先生の十字架と同じものを付けられるのは光栄なことです。昨今のハイテク万歳ですな。インレイの材料となる白蝶貝の貝殻をデザイン通りに糸ノコで切り取っていくのだ。厚さは約2ミリ。割れないように、型通りにカットするのは難しいらしいが、デザインがシンプルな十字架である。それほどでもないんじゃないかな…と思っている。結果は次号で紹介できると思う(笑)。

某月某日

うー、ライブがしたいー。最後のライブからたった1ヶ月しか経っていないけど、この2年間ほぼ毎月のペースでライブをしていたから、次回のライブまで3ヶ月の間があるとは…永遠に感じるくらいだ。しかも、残念なことに、本誌の発行日は2月13日金曜日。なーんと、BLACK SABBATHのデビューの日、しかもまるっきり同じの13日の金曜日じゃないですか。是が非でもライブしたかったー。

某月某日

ひょんなきっかけから仲良くなったオーストラリアのメタルバンド「THE ETERNAL」。3/28に目黒鹿鳴館で競演することになったのでぜひライブに来てください。来日を前にキーボードが脱退したらしく、ライブではハードディスクレコーダーでキーボード・パートを演奏させるらしいのですが、彼らが気にしていたのは日本の電圧。オーストラリアは240Vだとか。日本の倍以上なんですね。この問題は日本用のACアダプターを使うことで解決。当然、彼らもBLACK SABBATHのファンですから、アンコールは…アレだよね(笑)。これまでの行きがかり上、日本滞在中の5日間は彼らのケアをするわけですが、その間仕事はできず(苦笑)。デカくて、イカつい、ロン毛+スキンヘッドな男×4人を引き連れて都内を電車移動の予定。これも日本の社会見学だもんね。でも、目立つだろうな(爆)。

▲左より、彫金用の糸ノコ、四角くカットされた白蝶貝、糸ノコの歯は超細かいものを購入、大判の白蝶貝