ど〜も…編集長の三谷です。趣味が高じて、ヘヴィメタルの元祖BLACK SABBATHの功績を世に広める広報宣伝、販売促進バンドBLOOD SABBATHで社外活動中。いかにトニー・アイオミ先生のサウンドに近づくための研究や試行錯誤の日々を紹介。

研究結果はライブに足を運ぶか、ホームページ、MySpace、YouTube(BLOOD SABBATHで検索)やmixi(マイミク歓迎。「みたによしゆき」)で…。

■某月某日

ギターのシールドを変えると心に決めたライブ。リハーサルでテストするつもりが、弦のゲージを変えたことで大問題が発生、その解決にサウンド・チェックの大半を消費してしまい、シールドにまで時間の余裕なし。自宅の小型アンプじゃテストにならず、実際にLANEY×3段積みを2スタックにして、爆音でテストしたまではよいのですが、バンドで音を出したらバランスがすっかり変わってしまい…散々な目に。

本番はPAさんの感覚で音色の補正を入れるように頼んだので客席は違和感がなかったと思いますが、ステージの中の音は…(泣)。

■某月某日

ギターのトーンを使わないなので、気持ちの問題ですが(苦笑)、音の変化を避けるためにトーンのポットには信号を通さず、リアのボリュームからジャックに直に接続しています。で、知っているのに理解していなかったのがボリューム・ペダル。ブレイク時のノイズが気になるのでアンプのインプットに行く直前にロー・インピーダンスのフット・ボリュームを使っているのですが、「それってハイが落ちますよ」と某エンジニア氏に言われて目から鱗。

まさに、頭隠して尻隠さず。早速、ボリューム・ペダルをラインから外しました。しかし、ミュート問題は残っているわけで。そこで登場したのがオリジナルのミュート・スイッチ。某エンジニアの作品。単純に回路を開閉するだけのシンプルな構造に、通電時には青色LEDが光るようにしてもらいました。

■某月某日

ボリューム・ペダルの役割はブレイク時のノイズを聞こえなくすること。ミュート・スイッチはギターを交換する時には便利ですが、短いブレイクにオン・オフすることには使えません。そこで浮上したのがノイズゲート。ここ数回のライブではROCKTRONのREACTION SERIESのHUSHを使っていましたが、同社のGUITAR SILENCERがストンプになって発売されるということで早速テストさせてもらった。

結構いい感じ。ノイズゲートとノイズフィルターが独立してコントロールできるのです。ノイズを削る時にハイの成分も落ちるので、ノイズフィルターの程度を絞れるのが嬉しいっす。実はアイオミ先生も同社のラック・タイプとお使いですが、製造中止になっていたので諦めていたのです。また、アイオミ先生と同じ製品を持つことができました(笑)。

■某月某日

サウンド変化の元凶は弦のゲージをアイオミ先生と同じにしたことです。事故で中指と薬指の先端を切断してしまったアイオミ先生は弦のテンションを下げるべく、超々ウルトラ・ゲージを張っています。数年前に試した時はまともに演奏できる細さではなかった…。

ところが、サウンドの根源は弦じゃないかと、懲りずに試してみると、な〜んとよく似たニュアンスになるじゃないっすか。もちろん、弾きにくいったらありゃしない。まず、ピッチを安定させることが一苦労。さらに、弦が細くなったことでサウンドの芯の太さが薄れた。

そんなこんなで、アンプやストンプの大研究、大改善が始まったのです。余計なことをしなきゃいいのに…とも思いますが、日々是精進。あの独特の粘ったフレーズは案外、超極細弦にヒミツがあるのかもしれません。