ど〜も…編集長の三谷です。趣味が高じて、ヘヴィメタルの元祖BLACK SABBATHの功績を世に広める広報宣伝、販売促進バンドBLOOD SABBATHで社外活動中。いかにトニー・アイオミ先生のサウンドに近づくかの研究や試行錯誤の日々を紹介。研究結果はライブに足を運ぶか、ホームページ、MySpace、YouTube(BLOOD SABBATHで検索)やmixi(マイミク歓迎。「みたによしゆき」)でご確認ください。

■某月某日

日頃の研究活動…いわゆる耳コピーですね…では、それなりの音量でBLACK SABBATHの楽曲の一部分をひたすら、延々と再生することになるわけで、知らず知らずのうちに家人がSABBATHのフレーズを覚えてしまう副産物が産まれてしまう(苦笑)。いわゆる「はた迷惑」「騒音」な状態になるわけです。そんな折、オーディオテクニカからドラマー用のヘッドホン・アンプが発売された。2チャンネルの入力ができるので、ギターの音とiPodとをミックスできる。

さっそく、ゲットして実験。自宅で使っているギターアンプにはヘッドホン出力しかないので、ちょっと歪み気味な感じがするが、これを使えば、家人がテレビを見ていても、騒音問題が解決できる。ちょっと戸惑ったのは入力がXLRキャノンのみなこと。ま、ドラマーがライブで使うのが目的だから、仕方がないかな(微笑)。耳コピー用にばっちりのメタラー向けのヘッドホン・アンプはないかなぁ。

■6月25日

またもや、新レーベルを発足。3月に発足させたSTAY METAL RECORDSは海外のDARK, DOOM, GOTHIC系のメタルバンドを取り扱うレーベルですが、今回は日本のメタルバンドを対象にしています。名前はずばり、PARANOID RECORDSです。メタルにこだわったレーベルです。

そのお披露目となるパーティをメタルの聖地と呼ばれるライブハウスSANCTUARYで開催。サプライズなゲストとして外道の加納秀人さんが駆け付けてくれました。外道とはなんだか因縁があり、BLOOD SABBATHの前のBa.は外道のBa.の松本慎二さんでした。8月にはDr.にそうる透さんを加えて、復活ライブ&ツアーがあるとか。楽しみだ。

■某月某日

どひゃー。Yamaha Music and VisualsからParanoidというタイトルで、BLACK SABBATHのParanoidの製作過程を紹介するドキュメンタリー・タッチの映像が発売される(本誌発行の頃には店頭に並んでる)。事前に情報をゲットし、白盤を送ってもらい、中身を観てびっくり。これってBLOOD SABBATHの営業妨害だ…と苦情を言った(笑)。ボクが研究に研究を重ねたアイオミ奏法の秘訣が…本人が弾いて解説しちゃっていますから。

アイオミ先生だけじゃなく、今の時代のギーザー・バトラーやビル・ワードが実際に演奏しています。PVじゃないんですよ。こりゃ、一種の教則DVDです。いやはや驚きました。アイオミ先生が、PARANOIDやIRON MAN, WAR PIGSを細かく解説しながら、演奏するわけですから…呆然です。ここで強調しておきますが、ボクはこのビデオが存在する前からアイオミ先生のサウンドや奏法を再現していますよ(爆)。

実際、アイオミ先生と同じ運指、奏法であることを確認して、胸を撫で下ろしました。ボクは間違っていなかった(笑)。良い子は買っちゃダメ…と言いたくなる(冗談)。いやいや、ぜひ購入して、ボクと比較してください。えっへん、ちゃんと再現しています(笑)。他に、DEEP PURPLEのMachine Headも出ているとか。要チェックです。