ど〜も…編集長の三谷です。趣味が高じて、ヘヴィメタルの元祖BLACK SABBATHの功績を世に広める広報宣伝、販売促進バンドBLOOD SABBATHで社外活動中。いかにトニー・アイオミ先生のサウンドに近づくかの研究や試行錯誤の日々を紹介。研究結果はライブに足を運ぶか、ホームページ、MySpace、YouTube(BLOOD SABBATHで検索)やmixi(マイミク歓迎。「みたによしゆき」)でご確認ください。

■某月某日

最近のマイブームは電池である。普段から電圧を計測してから使っているが、本番前にドタバタするのがいやだと思っていたら、そんな悩みを解消してくれるグッズが発売されていた。キース・マクミランのBatt-0-Meterという。操作は簡単。本体から出ているプラグをエフェクターのインプット・ジャックに差し込むだけで電圧と使用できる時間を表示してくれる。

実際の動作時は電池に負荷が掛かるので無負荷の電池の電圧を計っても、動作時にその電圧を保証するものではないが、こいつは負荷下で計測するらしいので、より動作時に近い状態がわかる。神経質にテスターで電池の電圧を計測する姿はそれはそれで絵になると思うが、便利には負けるかな(苦笑)。

■某月某日

プロなら誰もが口を揃えて言うことがリハーサルは録音をし、それを後で聴き返すこと…だ。もちろん、ボクもハンディ・レコーダーで毎回、録音を励行しておりますが、ズームのQ3を使う機会があり、映像の持つ効果のデカさを再認識しましたね。アイオミ先生の身振りまで気にしているのですが、上げているつもりの腕が上がり切っていなかった(爆)。

これはバンドマン必携だね。少なくとも全バンドに1台は必須(笑)。液晶画面が小さい、画像が少し粗い、スピーカーの位置が画面と逆なのが惜しい…とか若干の不満はありますが(完璧な製品は存在しない!)、音がきれいに録れることと操作が簡単なことが弱点を相殺してくれます。しかも、コストパフォーマンスに優れている。いつもバッグの中に入るようになりました。