サウンドの要たるエフェクト・ボードは、ギタリストのこだわりの証! ペダル・ボードを見れば、プレイスタイルやサウンド傾向はもちろん、ギタリストの性格すら伺えると言っても過言ではありません。このコーナーでは皆さん自慢の、こだわりのエフェクト・ボードを紹介します。

SHOさん(神奈川県横浜市)

XOTIC / RC BOOSTER→IBANEZ / WH10v2→NOAH’SARK / TBSW→ROOP1 SUHR / RIOT DISTORTION→ROOP2 MXR / PHASE90           →BOSS / TR-2→ROOP3 BOSS / BF-2→ROOP4 DIGITECH / WHAMMY2→GUYATONE / MDm5

■空間系、ワーミーなどスイッチャ—でループしてなるだけ音痩せしないように考慮したつもりです。ペダル系のエフェクトを左足で踏む人なんで、ボードの左に配置してあります。RCは一番先頭で常にオン、バッファとして使ってます。

masakiさん(秋田県横手市)

自作インターフェイス→BOSS SD-1(自家製鏡面仕上げ)→PROCO RATII(オペアンプ及びクリッピングダイオード改造)→ZOOM G2NU→EXP PEDAL+BOSS FOOT SW

■自作インターフェイス!詳細:入力ミュート機能(ギターを持ち替える時に使用)。入力側に自作パッシブミッドコントロール内蔵。DC-HUB機能内蔵、電源は外部DCアダプターと電池を切り替え可能!出力はA/Bセレクト。

ひでたんさん(宮城県白石市)

ギター→アーニーボールボリュームペダル→クロンケンタウルス→BOSSオクターバ→エキゾチックEPブースター→CE-1→BOSSスペースエコーRE-20→アンプへ。パワーサプライはプロビデンス パワースタビライザー PAE-101P 電源ケーブルはビルローレンスケーブル、シールドはすべてモンスターケーブル ロック、電源:FURMAN/AR-1215J、VOCU/BabyPowerPlant-A

自然なドライブ感が欲しかったのでペダルでドライブを作らず、アンプをクランチにし、EPブースターとCE-1のレベルでゲインを稼ぐ。これによってギター側でボリュームを絞った時も使える音になる。ケンタウルスはソロのみ使用。OC-2は遊び用。

フルカワカズキさん(山口県山口市)

Gibson/1964 SG jr→t.c.elestronic/polytune→MXR/BOOSTLINEDRIVER→MXR/carboncopy→MXR/carboncopy→BOSS/PH-3→ORANGE/ROCKER30 SANYO/eneloop  ORANGE/フットスイッチ

■ギターとアンプの音が気に入っているので、それを活かしつつ、なるべくシンプルにまとめています。セッティングも素早く出来て楽でよいです。carboncopyが2台あるのは浅めと深め用で使い分けています。DD-3やFLASHBACK等も使います。ディレイの後で歪ませるので、相性にも気を使います。PH-3はSTEPモードで使っています。気分で入れ替えることも多いのですが、eneloopとpolytuneはとても気に入っていて、コレだけは外せません。重たいイメージのARMORですが、PS3だとさほど重量もなく使い勝手がよいです。奥側の隙間をピック入れにしています。試奏したオヤイデ/QAC-202が非常によかったので全部入れ替えたいです。

望月紀夫さん(山梨県甲府市)

Fender Customshop Telecaster’63→Tuner:tc electronic polytune→Comp:Keeley Electronics Compressor Plus→Wah Pedal:BUDDA BUDWAH(mod,Fulltone switch+LED)→Over Drive:Barber Electronics Direct drive→Fuzz:Malekko fuzz→Tremolo:SMART PEOPLE FACTORY CALI Quake→Delay:tc electronic Vintage Delay→Reverb:Malekko Chicklet→Roland JC-120

PowerSupply:CUSTOM AUDIO JAPAN AC/DC STATION ver.2

Cable:CUSTOM AUDIO JAPAN、Case:Armor PS-2(mod,FRP)

■Soul、Funkをはじめ、シューゲイズやポップスまでさまざまなジャンルにてサポートギターを弾きます。限られたスペースの中で、できるだけ高品質でバリエーションがあるSoundが出せるように何度か変更しながらこの形に落ち着きました。ブッダワウはLED付きに改造、またボードもArmorさんに表面のフレンチパイルをFRPに張り替えてもらいました。フランスのジャパンエキスポ2008のステージでもほぼこのセットで弾いてきました。ワウ、コンプ、歪み系の接続順もかなり試行錯誤しましたが、現在に落ち着いています。個性的でマイナーな機種が多いですが、良い音しますよ。

サワさん(京都府京都市)

Guitar fender american telecaster/Ibanez Roadstar II→Xotic RC BOOSTER→BOSS AW-3→Ibanez AP7→EMMA electronic ReezaFRATzitz →Fulltone OCD→(バンドによってはEMMA、Fulltoneの2つがTUBEMAN IIと交代します)「サボテンダー」→BOSS FV-50L→KORG PB-01→DigiTech DIGI VERB→BOSS DD-5→Roland JC-120

■RCのツヤとコシが気持ちよくて、どのバンドでも常に踏みっぱなしですね。(特にOCDのノリがすごく良いです♪)サボテンダーは単純にソロでレベルを上げるものですが、重宝しています(因みにボリュペはバイオリン奏法用)。あと、割とライブで暴れるので(笑)、ペダル同士の間隔に余裕を持たせてますね。現在は増え行くペダルのために、相性の良い小型のパワーサプライを探索中です☆


投稿をお待ちしております!

このコーナーでは、皆さんのエフェクト・ボードの投稿をお待ちしております。機材の自慢、ワイヤリングの自慢、高または低予算自慢など、愛するエフェクト・ボードを紹介してください。機材の料や金額などは不問です。我こそは! と思った方は、以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください!