ど〜も…編集長の三谷です。趣味が高じて、ヘヴィメタルの元祖BLACK SABBATHの功績を世に広める広報宣伝、販売促進バンドBLOOD SABBATHで社外活動中です。本欄では、トニー・アイオミ先生のサウンドに近付くための研究や試行錯誤の日々を紹介しています。

本家メンバーとは細々ながら交流があり(苦笑)、海外遠征の経験あり(えっへん)。研究結果はライブに足を運ぶか、ホームページ、MySpace、YouTube(BLOOD SABBATHで検索)やmixi(マイミク歓迎。「みたによしゆき」)で確認してください。

■某月某日

嗚呼、またもや悪い病気が再発。壊れていないものはイジらない…という鉄則に反して、またしてもエフェクトボードをイジり始める。これだからいつまで経ってもケースに入れられないんだよなー(苦笑)。ことの発端はグライコを入れようと思ったこと。普段は電池で動かしていたシステムですが、このグライコは18V駆動なのです。AC電源が必須になってきました(悩)。

今までのパッチケーブルは材質がやや堅いので狭い空間で使用するのは難しく、ならば…とまたもやGeorge L’sに逆戻り。前回は音がクリアになり過ぎて、アイオミ先生のサウンドから離れてしまった感があり、断念したが、今回はグライコもあるのでなんとかなるだろうと…試行錯誤の始まり始まり。サウンドチェックだけでリハーサルを2回したが、まだ落下地点が定まらず。

その後、良いシールド・ケーブルがありますよ…という情報が入り、これでまた迷走。DC電源のディストリビューターも見つかり、これじゃ年内には固定しないかも(苦笑)。

■某月某日

普段の練習の精度をどう上げるかで思案。小型のLANEYのアンプで音を出していたが、少なからず音量の面で家人に迷惑を掛ける上に、耳元でオリジナルと自分の演奏が重なる訳ではないので、超細かいニュアンスなど、コピー精度の確認が難しい。

いっそのこと、ギターの音もオリジナルの音源も耳元で鳴らせられれば…と思い付いたのが、LINE 6のPOD。本家アイオミ先生はラックタイプをお使いであるが、ボクにはそこまでは要らないので、下から2つ目のPOCKET PODをテストさせてもらった。掌に乗るサイズながらなかなか素晴らしいサウンドが出る。が、あまりにも本体が軽い。シールドを差し込むとちょっとのことで動いちゃうくらい軽い。明言しておきますが、これはメーカーの責任ではなく、小さくて良い!と思っていたのに、結果は重くないから…というボクのわがままというか、自己矛盾デス。

■某月某日

WAR PIGSではライブ会場のPAさんにお願いして、演奏と同時にサイレンのSEを鳴らし、展開が切り替わる際にフェイドアウトするのだが、原曲をご存じない方だと微妙にズレが生じてしまう。それを回避するにはバンド側でコントロールすれば良い。

かつて、サンプラーを使ったこともあるが…。ルーパーに良いものがあると聞き、RC-20XLをテストさせてもらった。ボクの使い方はSOUND-ON-SOUNDではなく、単に事前に仕込んでおいたサウンドを再生するだけなので、ちょっともったいない気もするが。結果は上々。サウンドも問題なし。やはり、自分でコントロールするのが一番安心できるね。ただ、ボクが興に乗って忘れたら終わり(苦笑)。

本体はプログラマブルなので、 別売のフットスイッチを使うことで、複数のバンクに入っているサンプルを再生できるのだが、インディケーター上で今どのバンクがアサインされているのかが分からない。上位機種は表示機能があるので、そっちの方が分かりやすいよね。しかし、2〜3つのサンプルを再生するためだけに、エフェクターと同じくらいのサイズがあるルーパーを用意するのは本末転倒かな…と。当面はPAさんにお願いすることになりそうだ。