サウンドの要たるエフェクト・ボードは、ギタリストのこだわりの証! ペダル・ボードを見れば、プレイスタイルやサウンド傾向はもちろん、ギタリストの性格すら伺えると言っても過言ではありません。このコーナーでは皆さん自慢の、こだわりのエフェクト・ボードを紹介します。


高井裕介さん(岐阜県岐阜市)

ギター→xotic EP booster→Lovepedal TCHULA→One control スイッチャー【Loop1→Moollon overdrive、Loop2→sobbat DB-1、Loop3→Moja Lucky13、Loop4→MXR blc→Rocktron ST、Loop5→BEHRINGER cs-c→DERAX  AD-8】→E.W.S. subtle volume control→アンプ

色々なジャンルに対応できるように歪みペダルを増やしました! ルックスにもこだわりまってます♪ Loop4、5のディレイとコーラスの組み合わせは各々歪み(Loop4)とクリーン(Loop5)で使いわけてます。

よっしーさん(北海道札幌市)

ギター→自作 FUZZ FACTORY→KORG pitch black→MXR×CAE BOOST/LINE DRIVER→LINE6 AM-4→BOSS JAPAN SD-1→norimasa mod BD-2→ZOOM G3→MXR CARBON COPY→アンプ(JC-120)

左上のは自作パワーサプライ。どのジャンルにも対応できるボードがテーマです。すべて直列で、奥のエフェクターは踏みやすいように底上げしています。G3は使用頻度の低い(空間系、ディレイ、飛び道具)専用のマルチ。歪みは基本的にAM-4(アンプモデラー)で作っていて、BOOST/LINE DRIVERはAM-4の前に置くことでデジタル臭消しのバッファとして使っています。

田中誠也さん(大阪府大阪市)

ギター→MAD PROFESSOR/Forest Green Compressor→moen/GEC438【LOOP1:Strymon/TIMELINE、LOOP2:Electro Harmonix/POG2→TECH21/Roto Choir、LOOP3:BOSS/OD-3(自身によるmod済)、LOOP4:自作Proco RAT、Tuner out:SONIC RESEARCH/ST-200】→自作EP booster

まず、ライブやスタジオでのセッティングの時間をなるべく短くしようと思い、すべて結線済みかつ、アダプターも刺しっぱなし、エフェクトはボードに固定という風にしました。下に敷いてあるスノコのようなものはホームセンターの木材で自作し、そこにM3のマジックテープを貼り、固定しています。また、写真でもわかると思いますが、横幅がかなりギリギリのため、底に木材を挟んでエフェクト同士の高さを調節したり、RATに関しては、このサイズに収まるように自作することにしました。moen/GEC438の特徴として、LOOPの前後を入れ替えることができるというのがありましたので、ボード内のレイアウトが自由にできるというのも助かりました。配置はこのボードに収まりつつ、LOOPに入れていてもON/OFFの頻度が高いものを踏みやすい位置に配置するようにしました。OD-3には自身で行ったmodを施してあります。これは、zendriveというエフェクターについているvoiceコントロールのような働きをするつまみを内部に追加しています。

たなカンさん(北海道札幌市)

ター→ERNIE BALL VOLUME PEDAL→KORG DT-10 →BUDDA WAH →T-REX COMP NOVA →PROVIDENCE FINAL BOOSTER →PROVIDENCE PEC-4 →【LOOP1:PROVIDENCE SONIC DRIVE 2 、LOOP2:PROVIDENCE QUAD ARROW DISTORTION、LOOP3:AMP CLEAN 、LOOP4:PROVIDENCE ANADIME CHORUS】→NK ROCK SOUND PHASER45 →EVENTIDE TIME FACTOR→アンプ

自分のアンプが無いため、大体置いてあるJC-120を使用しています。JC用に集めた感じにはなっていますが、ハードなロックからからポップな感じまで、変幻自在に音が作れる様に組んでみました。実際にヘヴィメタルとJ-POPのバンドに加入しておりますが、このボード1つでやっております。こだわりといえばそれくらいです。

mudai.の土器大洋さん(福岡県福岡市)

Fender Jazzmaster→Line6 M13→Amp[M13 Send]→BOSS DD-6→BOSS OD-3 mod→Providence switcher→BOSS PS-6→Electro-Harmonix POG2→A/B box→BYOC Shreder→EH BIG MUFF→BOSS LS-2(mix)→Sobbat FB-4→Polytune mini→[M13 Retrun]

メインの歪みであるShreder(Marshall Shred Masterのコピー)にBig Muffをミックスして、轟音感をプラスしています。逆にBig Muffのコード感の無さをShrederが補ってくれています。PS-6とDD-6は完全な飛び道具として使用しています。テンションが上がると踏みます。楽しいです。

masabeatさん(群馬県富岡市)

ギター→SAMSON Air Line→MORLEY Little Alligator→BEHRINGER HB01 Hellbase→MXR MC-401→Providence PEC-2【LOOP1:YAMAHA CO-01、LOOP2:YAMAHA OD-01、LOOP3:KORG OVD-1、LOOP4:FULLTONE FULLDRIVE2、LOOP5:LINE6 DM4、LOOP6:MXR 10 BAND EQ、LOOP7:EVENTIDE PitchFactor、LOOP8:LINE6 DL4、TUNER:Ibanez LU20】→アンプ

アナログなコンパクトとモデリングなどの融合によって、マルチエフェクターを超える(?)自分なりのスタイルのボードを追及。歌謡曲・Jロックやハードロック、Jフュージョンなどのいろんなジャンルにもすばやく対応し、楽器を持ち替えても困らない。あとは見た目のインパクトなど。妥協しない気持ちを忘れずにコツコツ作り上げてきた。あと少しで完成か?(笑)。総重量35k。


投稿をお待ちしております!

このコーナーでは、皆さんのエフェクト・ボードの投稿をお待ちしております。機材の自慢、ワイヤリングの自慢、高または低予算自慢など、愛するエフェクト・ボードを紹介してください。機材の料や金額などは不問です。我こそは! と思った方は、以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください!