AmpliFireが大きな話題を集めたAtomicから新モデルが登場。何と、定評のあるアンプ・モデリングとIRキャビネット・シミュレーションがストンプボックス・サイズに…。エディターも用意されているとのこと。気になります。。

製品の概要

Atomic Ampli-Fireboxはコンパクトなボディでギターサウンドシステムを構築する全ての要素を搭載したモデリング・ペダル、”AmpliFire”のアンプ・セクションを抽出したストンプボックスです。

Windows / Mac に対応したAmpli-Firebox エディターにより以下の操作が可能になります。

・Ampli-Firebox 本体にプリセットできる9種類のアンプモデルを15種類 (V2.1.1ファームウェア)から選択。
・各エフェクターパラメーターの設定、キャビネットIRの読込。
・BOOSTフットスイッチのオン/オフに同期するエフェクターのカスタマイズ(※)。
・ユーザープリセットデータのバックアップ、レストア、ファクトリープリセットのレストア、AmpliFire / AmpliFire12 プリセットの読込。

(※) オン(LED点灯時)にアクティブになるエフェクトだけでなく、オフ(LED消灯時)にアクティブになるエフェクトも自由に設定できます。
2つのプリセットを切替える(チャンネル・スイッチングモード)ENABLEスイッチとのコンビネーションにより、スイッチングシステムライクなサウンドチェンジが
可能です。

GTE・・・GATE/EXPANDER
CMP・・・COMPRESSOR
BST・・・OVERDRIVE
SCREAMER
DISTORTION
FUZZ
CLEAN BOOST
EQ・・・EQUALIZER
REV・・・REVERB

主な特徴

  • Ampli-Fireboxは世界で初めてチューブアンプモデリングとIRデータのロードが可能なキャビネット・シミュレーションを搭載したコンパクト・ストンプボックスです。
  • アンプライクな2つのトグルスイッチは、ポジションの組み合わせにより9プリセットにアクセスできます。各プリセットにはアンプ・モデル、キャビネット・モデル、エフェクト・セッティングが保存できます。
  • チャンネル・スイッチングモードでは2つのカスタムプリセットをフットスイッチで切替可能です。
  • ゲイン及びマスターノブは、プリアンプゲインとパワーアンプのドライブセッティングをリアルアンプの様に調整します。
  • ベース、ミッド、トレブルノブはリアルアンプの音質との各コントロールの変化による電気的な相互関係を正確に再現します。
  • プレゼンスノブはチューブパワーアンプのフィードバック回路で発生する高音域の変化を再現します。
  • オーバードライブ モデルはオーバードライブ、ファズ、クリーンブーストをシミュレートします。
  • リバーブ、オーバードライブ、コンプレッサー、EQ、ノイズゲート内蔵。
  • キャビネットシミュレーションを経由したシグナルは、用途に合わせてXLR端子、フォーンジャック端子、もしくはその両方からの出力が設定可能。

■販売価格

4万6,000円(税別)

■お問い合わせ先

オカダインターナショナル
メーカーの製品紹介ページ