次々と新モジュラーが追加されているSoftubeのプラグイン・モジュラー・システム Modularのラインアップに、Buchlaが登場です。なんとBuchla初となる公認プラグイン! シンセファン必見です。

製品の概要

Modular用プラグインであるBuchla 259e Twisted Waveform Generatorには、オリジナル・ハードウェアをデジタル化したことによる波形形成、エイリアシング・ノイズ、折り返し周波数のすべてが備わっています。オリジナルのユニークな内部構造を再現した、金切り声や唸り声を上げながら自動的に変化するレスポンスをお楽しみください。259eはModularエコシステムのユニークなニュー・フェイスです。

259eにはPrincipalとModulationの2つのオシレーターが用意されています。ModulationはPrincipalオシレーターの変調にも、単独でオーディオの生成にも使用できます。さらに、Principalオシレーターによって生成されたサイン波が、8つある波形テーブルの2つに対して同時に加えられます。2つのテーブルの間で電圧が変化し、正弦曲線を描く波形(駆動波形)の振幅が電圧の歪みによって変動します。どちらの働きもModulationオシレーターで変えることができます。
実際には、3つの波形テーブルは従来の意味でのテーブルではなく、259eオペレーティング・プログラムの一部にすぎません。予測不可能なノイズと、たびたび訪れる沈黙に満ちています。これが革新的なMem Skewモードです。おそらくBuchla 259eの最もユニークな特徴ではないでしょうか。これらのテーブルを選択すると、FMコントロールがテーブルのスキャン用に割り当て直され、FM入力はテーブル・モジュレーターになります。

つまり、Buchla 259eは昔ながらのサウンドに使用できる一方で、この世のものとは思えない、ひねりの効いたデジタルの音風景を作り出すことにも優れているのです。Buchla 259eが市場で最も需要の高いシンセ・モジュールの1つである理由はここにあります。

主な特徴

  • ユニークで魅力的なオシレーター
  • 甲高くきしむ音、荒々しい音、デジタルな音に最適
  • 非常に滑らかで有機的なサウンドも作成ソフトなサウンドと大胆なサウンドとの間で滑らかに変化
  • デジタル部分はハードウェアから1行単位、波形テーブルから1バイト単位で移植され、アナログ部分はコンポーネント単位でモデリング
  • Buchla社初の公認プラグイン・バージョン
  • 本製品を使用するにはModularが必要

■販売価格

オープン(実勢価格:9,900円)→10月31までイントロプライス 7,900円

■お問い合わせ先

エムアイセブンジャパン
メーカーの製品紹介ページ