ど〜も…編集長の三谷です。趣味が高じて、ヘヴィメタルの元祖BLACK SABBATHの功績を世に広める広報宣伝、販売促進バンドBLOOD SABBATHとして社外活動中です。本欄では、敬愛するトニー・アイオミ先生のサウンドに近づくための研究や試行錯誤の日々を紹介しています。細々ながらも本家メンバーとは交流があり(笑)、海外遠征の経験もあるのです(えっへん)。日々の研究結果はライブに足を運ぶか、ホームページ(http://www.bloodsabbath.com/)やYouTube(BLOOD SABBATHで検索)、mixi(マイミク歓迎。「みたによしゆき」)で確認してください。

■某月某日

えー!本家ブラックサバスの再結成が報道されて間もないのに、アイオミ先生が初期のリンパ腫になったという発表があった。初期なので完治するという続報で安心したものの、ボクらの販促活動も尚一層、強化&スピードアップしていかないと…。きっとオリジナルのブラックサバスは来日するだろうし、それまでにレコーディングを済ませないと。

■某月某日

空間系のエフェクトはLANEYのSEND/RETURNにEVENTIDEのECLIPSEを接続していますが、たまに飛び道具的に足元のエフェクターを踏みたくなる(苦笑)。たまにしか使わないのに、それが原因で音が痩せるのは問題なので、少しでも信号の劣化を防ぐためにエフェクターのスイッチをTRUE BYPASSにしようと思ったが、使いたいMXR製品は小さな筐体の中に基板が納まっており、スイッチの交換は不可なことが判明。うーん、ノックダウンして他の筐体に乗せ変えるか、スイッチボックスを作るか。いずれもエフェクト・ボードのサイズ変更が必至になるので、ここ数日悩んでいるが結論が出ない。そこまでして、たま〜に使うだけの飛び道具がいるのか(苦笑)。

■某月某日

アイオミ先生のようにワイヤーとワイヤレスの使い分けとしたい…と職権濫用もなんのその、新年最初のライブ用に機材を借りた。自宅で実験したら問題なし。ケーブルから解放されると気持ちいいね…とリビングのアンプから遠く離れて演奏して結構楽しんだ。で、本番当日。ブラサバは時々リハなしで本番に臨むことがあります(苦笑)。サウンドチェックでワイヤレスをセットしたところで大問題にぶつかった。曲によって2本のギターを持ち替えているのですが、ワイヤレスの受信機からの信号のケーブルとワイヤードのギターからのケーブルをエフェクト・ボードの入力ジャックに差し替えることが必要でした…。つまり、ステージ上でしゃがむってことで、これはボクが一番嫌いな動作なのです。しかも、ギターを持ち替える度に。あ〜、リハをしておけば事前にわかったのに…。本番はいつも通り、ワイヤードで済ませた(涙)。

■某月某日

普段、某ライブハウスを借りてリハーサルをしているのですが、その日は雨でした。機材が濡れるので軒下に機材を全部降ろしてから室内に持ち込むつもりでした。ヘッドアンプを階段に立てて置いたのがいけなかったと後で反省しましたが、その時は雨も降っているし、ともかく早く降ろさなきゃと。ヘッドを2本降ろし、キャビネットを階下に運ぼうとした際、ボクのお尻がヘッドにコツン。次の瞬間。真空管8本を積んだアンプヘッドが15段程の階段を回転しながら転がって落ちて行きました。ガタン、ガタン、ガタン、ガタン、ベチッ…。トンでもないことが起きると笑いが起きるのでしょうか。悲鳴は出ません。マジーっという言葉の後は笑いです。重力のバカ!オレのバカ!絶対に壊れたと誰もが思ったアンプヘッド君。その後、電源を入れたら真空管は全部点灯。2時間ちょっとのリハでも問題なく動作。凄いです。奇跡です。

■某月某日

2年ぶりにツイッターを再開。フォロワー1万人目標(笑)。ツイッターに書き込むだけでMIXIやFACEBOOKにも同報配信してくれるので便利だね。(@yoshiyukimitani)