ど〜も…編集長の三谷です。趣味が高じて、ヘヴィメタルの元祖BLACK SABBATHの功績を世に広める広報宣伝、販売促進バンドBLOOD SABBATHで社外活動中です。本欄では、トニー・アイオミ先生のサウンドに近付くための研究や試行錯誤の日々を紹介しています。

本家メンバーとは細々ながら交流があり(苦笑)、海外遠征の経験あり(えっへん)。研究結果はライブに足を運ぶか、ホームページ、MySpace、YouTube(BLOOD SABBATHで検索)やmixi(マイミク歓迎。「みたによしゆき」)で確認してください。

■某月某日

あちゃー、なんということだ…。本体からストラップが外れないようにロック・タイプのエンド・ピンを取り付けているにもかかわらず、ライブが始まる直前、大切なギターを落としてしまったではないか(涙)。しかも、お客さんがそれをしっかり見ていたというオチもある。先月、アンプヘッドをライブハウスの階段のてっぺんから一番下まで落としてしまったばかり。うーむ、重力には逆らえないのか。ま、ストラップに十字架の根付けを付けているのが原因であることはわかっているので、今後どうするか、よ〜く考えないとならないネ。

■某月某日

ありゃー、なにやら本家ブラックサバスが再結成して、喜んだのも束の間。ここのところ、彼らの動きが慌ただしい。アイオミ先生に見つかったリンパ腫は初期なので治療で完治すると聞いていたが、その治療のためにワールド・ツアーは中止だって…なんで? 初期じゃないの? 替わりに、オジーは他のメンバーを引き連れてツアーするらしいけど、それはもはやオジー・オズボーン・バンドであって、ブラックサバスではない。また、ドラムのビル・ワードはマネジメントの問題でレコーディングやツアーへの参加が暗礁に乗り上げてるらしいし。どうなってるんだ、シャロン(苦笑)!?

■某月某日

どひゃー、1音半下げのSG(2号機)のギターケースの取っ手が取れた…というが千切れてしまった。うーん、これでは持ちにくい…というか、持ち上げられないゾ。こんなパーツまで修理できるのだろうか!? 前面にサバスの歌詞をびっしり書き込んである力作なんだけどな…。ま、この際だから、新しいギターケースをオリジナルで作ってもらうってこともありかもしれない…が、でも、そこまでやるべき!?

■某月某日

どへぇー、またもや深〜い深〜い悩みにハマってしまったようだ。いったい、今回で何回目なのだろう…。キレイに歪みつつ、1つ1つの音が潰れないサウンド。ポットの調整1つで表情が変わるサウンド。エフェクターで悩み。電池で悩み。ノイズで悩み。ケーブルで悩み。ワイヤレスで悩み。アンプのセッティングで悩み。ギター本体のポットでも悩む…。もちろん、テクニックも…。まだまだ、アイオミ先生の域に達するまでの道のりは遠い(凹)。もっとも、アチラは40年の大ベテランですが…。

■某月某日

へへへっ、今月17日は昨年12月にスタートした「東京&福島ヘヴィメタル・サミット」の第2回目。福島のC-MOONというライブハウスで演奏します。超微力ながら、メタラーなりの復興支援というか、福島のことを忘れない…というコンセプトのライブです。今回は東京から3バンド、福島から1バンドの合計4バンドでの競演しますので、お近くの方はぜひ遊びに来てください。

■某月某日

ペコリっ、先月号の本欄で堂々とツイッター再デビューを宣言したにもかかわらず、たった1ヶ月で早くも…戦線離脱…つまり、飽きてしまいました(爆)。つぶやきだけでなく、他のSNSも含めて、ほとんどのITに関して「断捨離」する…というか、本誌が出回る頃にはもうやってないハズです。期待させてスミマセヌ…。今後はブログをチェックしてください(ペコリ)。