ど〜も…編集長の三谷です。趣味が高じて、ヘヴィメタルの元祖BLACK SABBATHの功績を世に広める広報宣伝、販売促進バンドBLOOD SABBATHとして社外活動中です。本欄では、敬愛するトニー・アイオミ先生のサウンドに近づくための研究や試行錯誤の日々を紹介しています。細々だった本家メンバーとの交流も徐々に太くなりつつあります(嬉)。お呼びが掛かれば日本各地はもとより、海外まで遠征しております。今年はアルバムを出そうと計画中。日々の研究結果はライブ会場に足を運ぶか、ホームページの映像をお楽しみください。http://www.bloodsabbath.com/

■某月某日

2本のギターの中の1つ、1音半下げの、C#と呼んでいるギターのケースにトラブル発生。少し前からケースの持ち手部分が切れかかっていると感じつつも放置していたら、とうとう千切れてしまいました。ショック(涙)。オールパーツジャパンとかで、交換部品として取っ手は売られているようですが、ギブソンのタイプは見つからず、新しくケースを買おうとも思いましたが、ご存知の方もいるかもしれませんが、ケースの蓋の部分にはブラックサバスの楽曲「CHILDREN OF THE GRAVE」の歌詞がびっしりと書き込んであり、とても愛着があるので気持ちが揺らいでいます。見た人の評判もいいしね(笑)。とりあえず、応急措置として結束タイで結びましたが、ハンドルを持つとプラスチックの結束タイの切り口が当たって痛いんだなぁ(苦笑)。ギブソンの新品のケースを買うなら、この際だからオリジナルでケースを作ろうかと思案中。またもや金欠病の予感…。

■某月某日

試行錯誤に次ぐ試行錯誤の上、紆余曲折の行く末は…またもや乾電池主義に戻って来ました。スミマセン。しかも、パッチケーブルもGEORGE L’s からシールドと同じ銘柄のKRYNA PROに戻しました。つまり、丸っきり数年前の状態に逆戻りしたわけです。iSPのDECIMETERも卒業しました。エフェクト回路を必要最低限にすればノイズも音痩せも減るし、故障や電池不足による音のトラブルも減るわけで…当たり前の結論に帰着してしまいました。これを元の木阿弥って言うんでしょうか…。結果的にエレキギターとピックアップ本来の音を真空管アンプの歪みで気持ちいいサウンドが出せればよいわけで…早速、そのシステムでライブを何度かやりましたが、ストレスから解放され、気持ちよく演奏できました。今までも紆余曲折はなんだったんだろう(涙)。

■某月某日

同様に、やらなくてもいいことまでやる必要はない…という結論に達し、時々使うであろうMIDI MOUSEはエフェクトボードから追い出すことになりました。ECLIPSEの切り替えをするライブの時だけ、床に転がしておけば済む話ですからね。これも先月からの断捨離の一貫かな(?)。あ、「足るを知る」って奴かな。なんだか、ここまでで十分であり、ここから先は蛇足であるという境界線を認識できるようになった感じです。

■某月某日

そんなことより、サンプラー代わりに使っているルーパーのRC-20のプログラム切り替えようのFC-5の置き方を変えなきゃいけない。そっちの方が重要です。今まではエフェクトボードのサイズの制限から、RC-20の上(先)にFC-5を置いていたのです。2台が縦になる感じ。再生の開始はRC-20で行うのですが、プログラムの切り替えはFC-5で行います。ただ、ワンプッシュではプログラム・ナンバーのインクリーズ(INCREASE)しかできず、番号を戻す(DECREASE)には長押しを…この場合は長踏みをしなければなりません。RC-5の手前にRC-20があるので、爪先で踏むことは難しく、踵で踏むのですが、いずれにしても手前にあるRC-20のプログラム・ナンバーは足が邪魔になって見えず、勘でこれくらいかな…と予想して、外れたらまた踏むという繰り返しでした。これを横に置くことで解消しようと思ったわけです。たまにしか使わないエフェクターにエフェクトボードを占領されずに、最初からこうしておけばよかったネ(反省)。