ど〜も…編集長の三谷です。趣味が高じて、ヘヴィメタルの元祖BLACK SABBATHの功績を世に広める広報宣伝、販売促進バンドBLOOD SABBATHとして社外活動中です。本欄では、敬愛するトニー・アイオミ先生のサウンドに近づくための研究や試行錯誤の日々を紹介しています。本家メンバーとのパイプも徐々に太くなりつつあります(嬉)。ライブハウスからお呼びが掛かれば日本各地はもとより、海外まで遠征しております。今年はアルバムを出すべくレコーディングをスタート。日々の研究結果はライブ会場に足を運ぶか、ホームページの映像をお楽しみください。http://www.bloodsabbath.com/

■某月某日

前号のElectricGuitar誌で取り上げたORANGE AMPが気になって気になって…(笑)。執筆用に編集部でお借りしていた物をいつもの「職権濫用」で自宅とライブハウスに持ち込みました。MICRO TERRORは自宅で試したのですが、ボリュームを1以上にはできないくらいの大音量。それでも、GAINがあるのでアンプ直でいい感じに歪んでくれます。BLACK SABBATHの初期のアンプはORANGEだったので、初期のサウンドが出て、ついつい長時間、ギターを演奏している自分がいました。

いつまでもギターを離さなくさせる、引き込まれるサウンドでした。一方のTINY TERRORはライブハウスに持ち込んで、リハーサルで使ってみましたが、これがま〜、いい感じなんすよ。暗いステージにオレンジ色が目立つこと…。PAサンも昔のライブ会場のイメージが蘇ったと言うくらい…いい感じなんです。驚きました。その一方で、POD HDにも触手を伸ばしているボクもいるのです…この浮気者ってか(爆)。ゴメン…。

■某月某日

ボクだけかもしれませんが、妙なことに気がつきました。自宅では演奏できるフレーズがリハでは突っかかる。ああ、それは自宅での練習を座ってやり、リハでは立って演奏するからだよ…と思うかもしれませんが、実はそう単純ではありません。リハーサルで、普段に比べて歪みは大きく、音量は小さくにして演奏すると弾けるんです。でも、通常の音量にするとダメ。ミュートが甘くて、ハウっちゃいそうになるのがダメな遠因かな。

直接の原因は…根本的に弾けてないってことですよね。わかってます(涙)。でも、泣き言を言わせてもらうと、09〜42のゲージで1音半下げたギターのテンションは…結構、ユルユル。ギターに適度なテンションは不可欠ですよね。アイオミ先生は事故で指板を押さえる指を少し欠損されており、かなり緩めのテンションなので、同様のセッティングでボクが演奏すると難しい。もちろん、アイミ先生の方が苦労されているのですが…。

■某月某日

直訳ロッカーの王様とのコラボCDのレコーディングは大幅に遅れております。サバスの世界を日本語で紹介し、普及させようという販促バンドを自認するBLOOD SABBATHならではの企画なのですが、本業のお仕事の方がちょいとばっかり忙しくて…というか、レコーディングって腹をくくらないと、いつまで経っても完成しないというか、完成させられないですね。

これでよし!と言ってもらうためにプロデューサーが必要なんだと肌で感じました。とまぁ、言い訳は山ほどあるのですが(苦笑)、要するに遅々として進んどらんということです。スミマセヌ(ぺこり)。年内には絶対、きっと、たぶん…できていると思いますので、気長に待っててくださいネ。

一方、レコーディングは遅れているけど、ライブの準備は着々と進んでおります。日本語の歌詞のチェック、演奏するキーの調整など、リハーサルは順調に終了し、初披露は9月15日(土)の福島C-moonのライブです。近くの方はぜひ…と言っても、みなさんがこれを手にしている時点でライブは終わっている可能性大。詳細はBLOOD SABBATHのホームページをご覧ください。早々にライブ映像を公開している頃かも…。