音楽をやっていると「実はよくわかっていないんだけど、何となくできちゃってるんだよね…」なんてことが意外と多いと思います。しかし、ちゃんと知っていればこれまで以上に作品のクオリティーが上がるはず…。

音楽を作る上で最低限知っておきたい基礎知識をわかりやすく解説していく「絶対わかるシリーズ」、今回のテーマは楽曲の主役であるボーカルについてです。最も聴かれるパートですので、ボーカル・パートのクオリティーがそのまま曲の印象につながるといっても過言ではありません。ボーカル・レコーディングの流れやマイク選び、クオリティー・アップのヒントを紹介していきます。

本記事は「下準備編」と「マイク選び編」、「レコーディングと編集編」と「オススメ周辺機器編(本記事)」の4部構成になっています。

↓クリックで該当製品にジャンプします。

【オーディオ・インターフェイス】
SPL / Crimson
Universal Audio / Apollo Twin MkII

【マイク・プリアンプ】
Grace design / m101
Golden Age Project / PRE-73mk3

【レコーディング・ツール】
ASTON / HALO
Enhanced Audio / M600
ISOVOX /ISOVOX2
KAOTICA / Eyeball
Pop Audio / Pop Filter Studio Edition
PRIMACOUSTIC / VoxGuard VU
PRIMACOUSTIC / London Room Kit
sE Electronics / Reflexion Filter PRO


SPL / Crimson

高音質のSPLディスクリート・マイク・プリアンプを2系統搭載した6イン6アウトのUSBオーディオ・インターフェイスと、スタンドアロン動作も可能で、専用機に匹敵するフル機能のモニター・コントローラーを1台に凝縮。録音時にモニターとオケのバランスをワンノブでスピーディーにコントロール可能で、トークバック機能まで搭載したコマンド・センター。
■価格:8万6,184円
■連絡先:エレクトリ
http://www.electori.co.jp/spl/crimson.htm


Universal Audio / Apollo Twin MkII

UADプラグインのリアルタイム・プロセッシングが行えるThunderboltオーディオ・インターフェイス。2系統のマイク入力は、UNISONに対応し、NeveやAPI、Manleyといった人気のマイク・プリアンプのサウンドを完全再現。本体にはトークバック・マイクも内蔵し、プロフェッショナルの環境をデスクトップで実現してくれます。

■価格:7万9,000円〜
■連絡先:フックアップ
http://hookup.co.jp/products/universal-audio/apollo-twin-mk2
以下のページで、詳細なレビューを掲載しています。

https://digireco.com/?p=4457


Grace design / m101

極限までピュアなサウンドを追求するGrace designのサウンドを手頃な価格で実現した人気マイク・プリアンプ。ハイエンド・モデル直系の贅沢な回路設計を受け継いでおり、トランスフォーマー・レスのマイク入力は、ボーカルの微妙なニュアンスまで鮮明にキャプチャー。クリアに録音しておき、プラグインで色付けする昨今の制作スタイルにもバッチリとマッチします。
■価格:8万2,000円
■連絡先:アンブレラカンパニー
http://umbrella-company.jp/gracedesign-m101.html


Golden Age Project / PRE-73mk3

今なお多くの人が憧れ、理想のサウンドとされることも少なくないNEVEサウンドを驚きの価格で実現したマイク・プリアンプ。クラシックNEVE 1073モジュールの回路設計を踏襲し、温かみとパンチを合わせ持った普遍的で音楽的なサウンドが魅力です。DIも搭載しているので、ギターやベースのレコーディング・ニーズにも応えてくれます。また、AIRバンドEQやインピーダンス切り替えでトーン・バリエーションを作ることもできます。

■価格:4万6,000円
■連絡先:アンブレラカンパニー
http://umbrella-company.jp/goldenageproject_pre-73mk3.html

https://youtu.be/pvjphcAsWuw


ASTON / HALO

英国生まれのASTON MICROPHONE社が生み出したリフレクション・フィルター。半球体形状のビジュアルばかりに目がいきがちですが、一般的なフィルターでは難しい上下に対する吸音と遮音を実現しているのがポイント。特許を取得しているPETフェルト素材を使用し、非常に軽量で設置しやすいのも魅力です。
■価格:3万円
■連絡先:ローランド
https://www.roland.com/jp/products/aston_halo/


Enhanced Audio / M600

あらゆるタイプ/サイズのマイクに対応するユニバーサル・マイクマウント。単にマイキングが便利になるだけでなく、スタンドからの振動や共鳴はもちろん、マイク自体の振動共鳴を抑えることでオーディオ特性も向上します。低域が引き締まり、高域はクリアで解像度やレスポンスが向上。マイクの性能を最大限に引き出すことができます。3サイズがラインアップされます。
■価格:2万5,500円〜
■連絡先:アンブレラカンパニー
http://umbrella-company.jp/enhanced-audio-M600.html


ISOVOX /ISOVOX2

上半身をすっぽりと覆うようなボーカル専用ブースです。独自の360度XYZ音響システムにより、外部のすべての音を制御。不要な反射やノイズを防ぐサウンド面のメリットだけでなく、音漏れも防止。騒音を気にすることなく、自宅でも思いっきり歌うことができる、宅録のための簡易防音室です。
■価格:11万8,000円
■連絡先:宮地商会M.I.D.
https://www.miyaji.co.jp/ISOVOX2/


KAOTICA / Eyeball

マイク自体に被せるように設置することで、手間のかかるセッティングをすることなく、不要な反射音をカットできる画期的なアクセサリーです。素材の選択と真円形状のフォルム、開口部のサイズがすべて計算されており、単にスポンジで覆ったときのようなサウンド変化のない、極めてナチュラルで正確な音質を得ることができます。

■価格:2万7,000円
■連絡先:宮地商会M.I.D.
https://miyaji.co.jp/kaotica/


Pop Audio / Pop Filter Studio Edition

ボールとソケットのジョイント構造を採用することで、好みの位置に素早く固定できる使い勝手の良いポップ・フィルターが登場です。スタンドへの取り付けは滑り止めラバーが付いたクランプで、マウント性も抜群です。なおフィルターはメタル、ファブリック、フォームの3種類が付属し、いずれも軽量ながら独自の構造によりサウンド変化を抑えつつも抜群の効果を発揮してくれます。
■実勢価格:1万円
■連絡先:フックアップ
http://hookup.co.jp/products/pop-audio/pop-filter-studio-edition


PRIMACOUSTIC / VoxGuard VU

軽量かつ耐久性の高いABSプラスチックと、ボーカルの帯域に優れた音響特性を持つ高密度のフォーム材を組み合わせた吸音ツール。軽量なのでマイク・スタンドにも無理なく固定でき、セッティングも容易。ケーブルや視線の位置にポートが付けられているので、譜面を見たりアイコンタクトが取りやすいのも魅力です。
■価格:1万5,800円
■連絡先:エレクトリ


PRIMACOUSTIC / London Room Kit

根本からこだわるなら、部屋自体のルーム・チューニングも必須。100Hzまでの低域を吸収する独自のアコースティック・パネルを組み合わせた、吸音パネルセットがオススメです。コスト・パフォーマンスにも優れており、導入すればレコーディングだけでなくミックスのクオリティーも向上します。
■価格:2万9,500円〜
■連絡先:エレクトリ
http://www.electori.co.jp/radial/london_roomkit.htm


sE Electronics / Reflexion Filter PRO

リフレクション・フィルターの存在と効果を世に知らしめたオリジナル。特許を取得した素材を含む9層にも及ぶマルチ・レイヤー構造になっており、すべての周波数帯域に均等に効果を発揮。部屋の不要な残響をカットし、音響的で気持ち良いサウンドを実現。堅牢なパーツにより、確実にセッティングできる信頼性の高さも魅力です。

■価格:2万9,800円
■連絡先:フックアップ
http://hookup.co.jp/products/se-electronics/reflexion-filters-accessories