抜群のサウンドと手頃な価格で定番になっているJBLのLSR305に、ホワイト・モデルが追加されます。ホワイト・モデルは制作用としてはもちろん、TVやオーディオとの相性も良さそうですね。発売日はクリスマス(12/25日)とのことです。

製品の概要

LSR305-WHは、「LSR305」の優れたサウンドはそのままに、エンクロージャーに白い塗装を施したモデルです。光沢を抑えたマットな質感に仕上げられており、あらゆる色合いのインテリアと自然に調和。テレビやオーディオの横にも違和感なく配置できるため、音楽制作用のモニタースピーカーとしてはもちろん、高品位なリスニング用スピーカーとしても活躍します。

LSR305-WHは、大型スタジオモニターの最上位機種“M2”のために新たに開発した、イメージコントロールウェーブガイドを搭載しています。音像の再現に優れ、スピーカーの外側に延びるほどの広いステレオ音場を再生します。中央の音像はこれまでになく明確になり、音場の奥行きや音像の大きさを的確に把握できます。細部の描写能力も高まり、高密度のミックスの中でも音源の微妙な変化や音場の空気感をエンジニアに伝えます。リスニングポイントが広いため、スピーカーの軸外でも音質やバランスを正確に決定可能。ミキシングルームの音響特性やエンジニアのモニター位置に神経質にならずに、創造的な作業に集中できます。

LSR305-WHは、先進のスピーカー・コンポーネントを搭載し、最新の製作環境が要求する高密度のマルチチャンネル再生に対応します。38mm径ボイスコイルの低域ドライバーは、パワー・コンプレッション(実効感度の低下)が少なく、大音量を連続して再生しても音質の変化を最小限に抑えます。低域ポートは、開口の両側にフレアを持つJBL 独自の“スリップストリーム”設計。乱流を抑え、低域ドライバーと組み合わさって伸びと深みのある低域を出力します。ネオジム磁石を使用した高域ドライバーはダンピング特性を最適化し、過渡特性と歪率が改善しました。耳障りな小音量時の歪みが低減したため聞き疲れが少なく、長時間の製作作業も快適に行えます。さらに、設置する部屋の形状や容積が異なっても正確なモニター性能を発揮するため、独自のLSR(Linear Spatial Reference)設計を採用しています。軸上はもちろん、スピーカーの周囲360度にわたり、直接音、反射音、残響音場に関する72 もの測定を実施して、出力性能を最適化しています。

 


■販売価格

オープン

■お問い合わせ先

ヒビノプロオーディオセールスDiv.
メーカーの製品紹介ページ