手頃な価格ながら本格サウンドで評判のMooerから、まさかの(!?)マルチ・エフェクターが登場です。アンプ・モデリングも満載で、レコーディング・シーンにもピッタリです。

製品の概要

Mooer GE200は、多彩なアンプモデリング、エフェクトモデリングを収録するマルチエフェクトペダルです。ミュージシャンの求める機能をまとめ、レコーディングからライブステージ、さらに自宅での練習にも活躍します。

GE200には人気のMooer Micro Preampシリーズと同様の最先端技術を用いた55種類のアンプモデリングを収録。これらのデジタルアンプモデルは本物のアンプ同等の音色、トーン、タッチ、フィールを実現します。

さらに8種類のワウ/コンプレッサー、20種類の歪み、26種類のキャビネット、3種類のノイズサプレッサー、4種類のイコライザー、19種類のモジュレーション、9種類のディレイ、7種類のリバーブエフェクトを収録。これらはFX/COMP、DS/OD、AMP、CAB、NS、EQ、MOD、DELAY、REVERBのエフェクトブロックに分かれており、各ブロックは自由なルーティングで接続を設定することができます。

これらは3.5インチフルカラーディスプレイに表示され、簡単にセッティングが行えます。

3つのフットスイッチはプリセット選択に加え、タップテンポや設定したエフェクトブロックのON/OFF操作が可能。ビルトインエクスプレッションペダルには複数のパラメータを割り当てることもできます。

ハーフスピードとリバースエフェクトを設定できる52秒までのフレーズルーパー、40種類のドラムパターンと10種類のメトロノームを収録するリズムマシン、さらに即座に起動できるチューナーも搭載します。

USB端子からPCに接続すれば、オーディオインターフェイスとしてダイレクトレコーディングも可能。Windows機であればエディタソフトウェアからの操作やファームウェアアップデートも行えます。

200種類のプリセットにこれらの設定をプリセットして即座に呼び出すことができます。
直感的に操作できるインターフェイスにより、必要な音色を細かく追求することができます。

スタイリッシュでコンパクトなアルミニウム筐体に、これら全ての機能が詰まっています。

主な特徴

  • 55種類のハイクオリティなアンプモデリング
  • 26種類のスピーカーキャビネットモデルに加え、サードパーティのIRを追加可能
  • 70種類のハイクオリティエフェクトを収録:コンプレッサー、ドライバー、ノイズゲート、EQ、モジュレーション、ピッチ、フィルター、ディレイ、リバーブ等
  • 52秒までのフレーズルーパー:ハーフスピード、リバースエフェクト搭載
  • 40種類のドラムパターンと10種類のリズムを収録したドラムマシン
  • 200までのユーザープリセットを保存/呼び出し可能
  • 内部エフェクトの接続順を自由に設定可能
  • PCと接続し、PCからの操作やダイレクトレコーディング可能なUSB端子
  • AUXインプットとヘッドフォンアウトを搭載


■販売価格

オープン

■お問い合わせ先

LEP INTERNATIONAL
メーカーの製品紹介ページ