ど〜も…編集長の三谷です。趣味が高じて、ヘヴィメタルの元祖BLACK SABBATHの功績を世に広める広報宣伝、販売促進バンドBLOOD SABBATHとして社外活動中です。本欄では、敬愛するトニー・アイオミ先生のサウンドに近づくための試行錯誤の日々…悪戦苦闘ぶりを紹介しています。本家メンバーとのパイプも徐々に太くなりつつあります(嬉)。

直訳ロッカーの王様とのコラボCD「黒い安息日伝説」は5月29日発売で、本家からお墨付きをもらった「WAR PIGS(戦争豚)」のプロモーション・ビデオをYouTubeで絶賛公開中。日々の研究結果はライブ会場に足を運ぶか、ボクのフェイスブック(http://www.facebook.com/yoshiyuki.mitani/)やホームページ(http://www.bloodsabbath.com/)に掲載しておりますので、チェックしてください。

■某月某日

直訳ロッカーの王様とBLOOD SABBATHのコラボCD「黒い安息日伝説(5月29日発売)」の発売から約1ヶ月。お陰様で、大手CD流通会社の担当者氏曰く、低迷が続くロックのジャンルの中で、好調、順調、堅調な売れ行きだとのこと。この分で行くと息の長い商品になるだろうとのこと。

予定の倍以上掛かった制作費の回収もこの分では早くなりそうな計算(ウッシッシ)。ライブ会場の物販でも売上は堅実に伸びており、貢献度ア〜ップ。ライブ会場で「黒い安息日伝説」を買うとCDのジャケットへのメンバー全員のサインはもちろんのこと、サイン入りのポスターがもらえますからね。もちろん、既にCDを購入した方も、ライブ会場に来ていただければサインしますので…ぜひ、ご来場&生演奏を楽しんでください。

■某月某日

6月より、毎週土曜日…つまり、安息日に当たるのですが…BLACK SABBATHやBLOOD SABBATHに関するおしゃべりと音楽を中心にしたYouTube限定のラジオ番組「Radio SABBATH」を始めています。この番組、直訳ロッカーの王様とのコラボCD「黒い安息日伝説」に収録の8曲を紹介し切ったら、終了しようと考えていたのですが、DJというか、おしゃべりが意外に面白くてね…笑、

そのまま、飽きるまで続けてみようという気持ちになっております(えへへ)。ゲストのいない時は演奏方法を解説しています。その内に、実際にギターを演奏しながらトークしようかな…な〜んて。YouTubeで「Radio SABBATH」で検索してください。

■某月某日

毎年、王様が審査員を務める宮地楽器主催のオヤジコピーバンドコンテストのゲストとして演奏してきました。ステージが狭いので持ち込み機材を減らして…と言われていたので、アンプは1スタックだけ、しかも前日にチェックしたFRACTAL AUDIO SYSTEMSのAXE FX IIを使うことにしました。

普段は2ヘッドで鳴らしているのが1つで済みますからね。しかし、世の中、甘くはなかった。リハスタで鳴らしているといい感じだったのが、実際にライブ会場で演奏してみると、少し鼻が詰まったような感じの音になり、テンションはガタ落ち(苦笑)。その日はFRACTALを使う気満々で来ているので、エフェクター類は持参しておらず…涙。

準備不足というか、考えが甘かった。次の週の、立川BABELでのライブは以前の通り、LANEYの真空管アンプを2スタックで演奏。気持ちいいサウンドでした。やっぱり、サウンドの要となる機材をゴロッと交換する際は十分に時間を掛けた検証が必須ですね。