まるで電卓のようなコンパクト・ボディーに本格シンセ・エンジンを搭載したPocket Operatorシリーズ。以前、本誌でも紹介して、好評だった製品ですが、第3世代モデルの登場が発表されました。いずれもサンプラーです。

ポケットに収まる本格ドラム・シンセサイザー Teenage Engineering PO-32 tonicの魅力に迫る

製品の概要

まったく新しい第三世代pocket operatorファミリーの登場です。すでに発売中のゴールド=PO-32 tonicに、シルバーとカッパー・カラーのモデルが加わります。

新たに登場するのは、2つの「サンプラー」サンプル・スライス機能を備えた4ボイス・サンプラー、ビート作りに最適な「PO-33 K.O!」そして、録音した音のピッチコントロールやSpeak&Spell風のレトロエフェクトなどを搭載するボイス・エフェクト・サンプラー「PO-35 speak」。「PO-32 tonic」のドラム・サウンドを追加すれば、完全なジャム・セットアップが揃います。キラリと光るメタル・カラーで、どこへでも。

PO-33 K.O!

レコーディング用マイクと40秒のメモリーを搭載するマイクロ・サンプラー。

PO-33 K.O!(ノックアウト!)は、レコーディング用マイクと40秒のサンプル・メモリーを搭載する、マイクロ・サンプラーです。ライン入力または内蔵マイクで、あらゆるサウンドをサンプリング、メロディック・モードではクロマティックにメロディを演奏し、ドラム・モードではワンショット・ドラムとして演奏することができます。シーケンスに加え、エフェクトをかけることも可能です。

http://www.minet.jp/brand/teenageengineering/po-33-k-o/

PO-35 speak

PO-35 speakは、8つの異なるボイス・キャラクターを備え、内蔵マイクで自分だけのフレーズをレコーディング可能なボーカル・シンセサイザー/シーケンサーです。内蔵マイクで自分自身の声をその場で録音、まったく別のキャラクターに作り変えることができます。演奏して、シーケンスを組んで、エフェクトをかけたり、さらにドラムを重ねることも可能です。

http://www.minet.jp/brand/teenageengineering/po-35-speak/


■販売価格

各、1万1,880円(税別)

■お問い合わせ先

メディア・インテグレーション