某月某日

とうとう発売されました。英語圏のメタル界ではそれなりのニュースになっておりますが、残念ながら非英語圏の我が国ではさっぱり情報が上がらず、盛り上がっておりませんね。

何かあると俄かナントカが増えるだけで、普段から一貫してサポートする姿勢がありません。熱しやすく、冷めやすい国民性は本当の話なのでしょうか…。さて、そんな折、止まっていたギター改造の最終段階に着手することになりました。次号から本格的に紹介できると思いますので、お楽しみに…。