ギター / ベース

EDWARDS / E-SN7-210TO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

EDWARDSより、大村孝佳プロデュースのE-SN7-210TOを発売します。
本器はESP SNAPPER-7 Ohmura Customとほぼ同仕様となっています。ボディは中音域に特徴があるアルダーを使用しています。ネックはハードメイプルで、ヘッドは僅かな角度が付いたCT Systemを採用しています。指板はローズウッドで、フレットはジャンボタイプになります。よりオールラウンドなプレイスタイルに対応するために、特徴的なハーフスキャロップド加工はされていません。ナット幅は狭めの46mmで、6弦ギターから持ち替えた時に違和感が少なくなっています。ペグはGOTOH製のMG-Tスタイルを採用し、スピーディな弦交換が可能です。ピックアップはEMG製の85-7Hと81-7Hのプラスティックカバータイプを搭載しています。ブリッジはトラディショナルスタイルのWSC TSM7になります。

※初回出荷は9月を予定

Edwardsから発売した僕のプロデュースモデルであるE-SN-185TOのコンセプトを基に、ESPと同じくEMG製ピックアップの採用や7弦ギターを演奏する上での手指や手首の疲労を軽減してくれる狭めのナット幅と、ESPの7弦ピンクちゃんに近い仕様となっています。弾き心地や見た目はもちろん弦交換が超簡単なマグナムロックのペグも僕のこだわりが詰まっています。
7弦ギターを初めてチャレンジする人にとっても即戦力となるこれ以上ない程シンプルかつスタンダードで扱いやすい1本ですよ。━ 大村孝佳


■販売価格:21万円(税別)

■お問い合わせ先:ESP
メーカーの製品紹介ページ

関連記事

  1. INTERNET / Audio Input FX Free
  2. Softube / Weiss Deess
  3. Jackson / SDXQ Adrain Smith
  4. sE Electronics / SE2300
  5. INTERNRT / VOCALOIDスタートアップ・キャンペー…
  6. Vital Audio / SCANDALシグネチャーギターケー…
  7. ZOOM / F8N
  8. Universal Audio / 4-710d 購入でUAD-…

特集記事

  1. モニター・スピーカーのセッティング方法を徹底解説!
  2. 人気のマイク10モデルのサウンドを動画で徹底検証!
  3. 人気オーディオ・インターフェイス 10モデルのサウンドを聴き比べよう!
  4. ヘッドフォン/イヤフォンにこだわる
  5. バンド録音の流れを徹底解説!

製品レビュー

Jim Dunlop / Cry Baby MINI 535Q WAH

表情豊かなワウ・サウンドを、コンパクト・ボディーに凝縮ワウ・ペダルのスタンダードギターの音の…

BOSS / MS-3

いくつものエフェクトを組み合わせて、楽曲のイメージにピッタリなサウンドを作る…ギターやベース演奏の醍…

Roland / GO:MIXER

演奏風景を動画で撮りたい。そんな時に課題となるのが音声クオリティーです。映像に関してはスマートフォン…

Tracktion / Waveform 9

ミュージシャンやクリエイターがDAWソフトを使う目的は、何と言っても曲を作ること。その本質を追求…

Way Huge / WHE214 Pork & Pickle Bass Overdrive

WAY HUGE初となるベース用エフェクターが登場オーバードライブ/ファズ・ペダ…

PAGE TOP