アンプ / エフェクター

Gamechanger Audio / PLUS Pedal

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

PLUS Pedalは、凡庸なストンプボックスではありません。リズム/リード・パートの間に横たわる大きなギャップを埋める、お使いの楽器の機能拡張であり、すべてのミュージシャンにとって、まったく新しい領域の開拓を可能にするツールです。

アレンジと作曲のためのパワフルなツールとしてだけでなく、PLUS Pedalは本来リアルタイムでは実現できない、興味深くユニークなサウンド・エフェクトの生成にも使うことができます。

作曲家、ソロプレイヤー、サウンドデザイナー、バンド、どんな形で音楽に携わっていても、あらゆる楽器によるメロディックな演奏を持続するレイヤー・サウンドへと瞬時に変化させることができる、これは音楽に対するアプローチそのものを変えてしまうでしょう。

リアルタイム・オーディオ・サンプリング

GAMECHANGER AUDIOによって独自に開発、PLUSに採用されたオーディオ・アルゴリズムです。楽器の音声信号のごく一部をリアルタイムでキャプチャ、サンプリングし、シームレスで温かみのある、良好なレスポンスのサステイン・ループを生成します。

既存のグラニュラー・シンセサイザーやシンセパッド・トリガーと異なり、PLUS Pedalは、楽器の音声信号の高解像度レコーディングを常に実行しており、一旦機能を有効にすると、リアルタイム・サンプリング・アルゴリズムが、最新のオーディオ信号から即座に円状のマイクロ・ループを生成するのです。

むしろ選択したノートやコードの最後の部分だけを正確に捉えるスマート・ルーパーとして考え、持続音の生成に使用いただくと良いでしょう。

結果として得られるサステイン・レイヤーと、オリジナルの楽器の音色とを区別することは実質的には困難でしょう。さらに、望むとおりのサステイン・サウンドを得るために、PLUS Pedalは更に細かく調整することもできます。

品質とデザイン

PLUS Pedalは、人生を通じてお使いいただけるよう戦車のような頑丈さで作られています。さらに、そのエレガントなデザインで、アカデミックな舞台から重厚なペダルセットまで、様々なシチュエーションにもフィットします。

練習ツールとして

PLUS Pedalは、ボイス・トレーニング、メロディやスケール、モードを特定のコードや対位的なトーンに重ねるなどの練習にも使用することができます。

スコアリング、サウンドデザイン

ユニークなアンビエントやドローン・サウンド、テクスチャ、フィルム・スコア用の特殊エフェクト、ライブ用のバックグラウンド・トーンも簡単に生成できます。

 

製品の特徴

多彩な機能とノブ

音量、フェードイン/フェードアウトのスピード、音色、レイヤー数、タッチ・センシティブかつ段階的フットペダルほか、PLUS Pedalには調整可能なパラメーターが数多く揃えられ、ペダルを自在にコントロールすることができます。

 

FX LOOP

PLUS Pedalを他のエフェクト・ユニットと組み合わせる際に、ドライまたはウェットいずれを出力信号とするかを選択できます。たとえば、トレモロ・ペダルをウェット信号に追加して、サステイン・トーンに鼓動のように変化するクールなエフェクトをかけることも可能です。

 

ウェット・フットスイッチ(別売)

WETオンリー・モードを有効にすると、すべてのドライ信号を除外した、サスティン・レイヤーのみを再生する楽器に変貌させることができます。


■販売価格:4万3,200円(税別)

■お問い合わせ先:メディア・インテグレーション
メーカーの製品紹介ページ

関連記事

  1. Jackson / Rhoads RRX24
  2. Morton Microphone Systems / Kick…
  3. ERNiE BALL MUSIC MAN / Cutlass R…
  4. Torque / t103xV2
  5. sE Electronics / SE2300
  6. YAMAHA / REVSTARシリーズ
  7. Softube / Eden WT800
  8. ZOOM / F8N

特集記事

  1. メジャー・レーベルに聞く 楽曲コンペと音楽制作サロン
  2. 異次元の表現力! Fractal Audio Systems / Axe-Fx IIIの魅力を、オカダインターナショナルで伺ってきた
  3. これがレベルアップの近道だ! 耳コピで完コピのススメ
  4. ミュージシャンなら知っておきたい、音楽著作権の基礎知識
  5. モニター・スピーカーのセッティング方法を徹底解説!
  6. 人気のマイク10モデルのサウンドを動画で徹底検証!
  7. 人気オーディオ・インターフェイス 10モデルのサウンドを聴き比べよう!

新製品情報をチェック!

  1. iCON / Qcon Pro X

製品レビュー

Roland / AX-Edge レビュー

昨今の楽曲において、「キーボード/シンセサイザー」は欠かすことのできないパートです。しかし演…

SYNERGY AMPS / SYN1 レビュー

サウンドを"着せ替える"曲に合わせて好みのサウンドを追求するというのは、ギターを弾く上での大きな…

Jim Dunlop / Cry Baby MINI 535Q WAH

表情豊かなワウ・サウンドを、コンパクト・ボディーに凝縮ワウ・ペダルのスタンダードギターの音の…

BOSS / MS-3

いくつものエフェクトを組み合わせて、楽曲のイメージにピッタリなサウンドを作る…ギターやベース演奏の醍…

Roland / GO:MIXER

演奏風景を動画で撮りたい。そんな時に課題となるのが音声クオリティーです。映像に関してはスマートフォン…

PAGE TOP