DAW / DTM関連

IK Multimedia / AXE I/O

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

IK Multimediaは、2002年に時代の先駆者としてギター・アンプ&エフェクト・モデリング・ソフトウェアをリリースして以来、常にギター、アンプ、レコーディングの可能性について研究し続けてきました。著名なギタリスト、アンプ・メーカー、エンジニアの協力のもと、何万時間もかけてモデリングしたギアの総数は、400種類以上にもおよびます。最新の製品では、各パーツ、コンポーネントがモデリングされるだけでなく、ギター、ピックアップ、アンプ、エフェクト回路間のノン・リニアな相互作用による微細なニュアンスとそのキャラクターさえも忠実に再現することに成功しました。その過程にて、世の中のギター、ピックアップ、ギター用に設計されたエフェクト、アンプの特徴はさまざまであり、インピーダンスの不適合により音痩せやこもりが発生するにもかかわらず、市場にあるオーディオ・インターフェースにはなぜ一律のHi-Z入力、ライン出力しか実装されていないのかという疑問に突き当たりました。

AXE I/Oは、ギター・レコーディングに求められるすべての機能を提供します。

AXE I/Oは、ギターのために設計された、最高品位の2 in / 5 outオーディオ・インターフェース&コントローラーです。ギター本来の音色を最大限に引き出すだけでなく、ギターのレコーディングをよりスムーズに行うために、さまざまな機能を搭載しています。

0U6A6642@2x.jpg

AXE I/Oには、入力段だけでもギターに特化した機能が多数搭載されています。まず、完全ディスクリート回路によるインプットには、PUREJFETの2モード・スイッチが用意されており、味付けのない透明なサウンドと、倍音付加による温かみのあるサウンドを切り替え可能です。また、パッシブ・ピックアップ用のPASSIVEモードと、アクティブ・ピックアップ用のACTIVEモードが用意されています。ACTIVEモードでは、不要な回路をバイパスして、ギターやピックアップ本来の音色を生かします。

特許出願中のZ-Tone™により、ギターやピックアップ、求める音色にあわせて入力インピーダンスを調整可能です。インピーダンス不整合による音痩せ、こもりを回避し、最適なサウンドが得られます。

フロント・パネルにはAMP OUTもあるので、録音したギターを、Hi-Z入力仕様のギター・アンプ、ストンプに接続してリアンプ可能です。AXE I/O Control PanelソフトウェアではAMP OUTのグランド・リフトも選択可能で、ハイゲイン・アンプとの接続時もグランド・ループを回避しながら、低ノイズで収録可能です。

AXE I/Oは、付属のAmpliTube 4 DeluxeをはじめとするAmpliTubeシリーズとの相性も抜群です。プリセットの選択や値の調節をフロント・パネルのノブで操作したり、外部ペダル / フット・スイッチを接続して、AmpliTube上のペダルやスイッチを操作することも可能です。

内蔵チューナーも搭載されていますので、インスピレーションが湧いたら即座に録音を開始できます。

AXE I/Oのすべての要素は、妥協のない品質と実用性によって構成されています。

すべてのギタリスト必携のオーディオ・インターフェース、それがAXE I/Oなのです。

最高品位のオーディオ・インターフェースをすべての人へ

117 dBのダイナミック・レンジ、3Hz – 32kHzの周波数特性、最大1Mオームまで連続的に調整できる入力インピーダンス。こうした仕様は、他のオーディオ・インターフェースに見られる仕様ではありません。しかし、これらはあなたの演奏を正確に捉えるため、そしてあなたのサウンドを純粋で透明にするために、必要不可欠なのです。

Scheme_AXE_IO_front@2x.jpg

123456789

AXE I/Oはフロント・パネルにギター&ベース用の2系統のHi-Z 1/4″端子、さらにバック・パネルにはファンタム電源対応の2系統のXLRマイク&標準ライン・コンボ端子を装備。入力レベルは、視認性の良いLEDメーターで確認できます。出力はバック・パネルにモニター・スピーカーなどを接続するためのバランス・アウト端子(1/L、2/R)、アンバランス・アウト端子(3、4)、フロント・パネルにはヘッドフォン・アウトを装備し、個別に音量調節が可能。MONITORノブを使用すれば、遅延の無いダイレクト信号とコンピューターからのウェットなサウンドのバランスを調節できます。

Scheme_AXE_IO_front@2x.jpg

12345

AXE I/Oは、最大24bit / 192 kHzの高解像度、安定した超低ジッタの内部クロックにより、極めて透明なサウンドをキャプチャーします。ボーカル、アコースティック楽器、アンプでのレコーディング、AmpliTubeのためのダイレクト・サウンドも、最高の品質で録音できるのです。

AXE I/Oが「ギター / ベースのためのオーディオ・インターフェース」である理由を、さらに詳しく見ていきましょう。

0U6A6606

ギターのために考え抜かれた究極のチャンネル

AXE I/Oのメイン・チャンネルには、3種のサーキット・トポロジーが搭載されています。これにより、あらゆる種類のギター、ピックアップ、演奏スタイルに合う最適なサウンドが得られます。

Pure-dark

PURE:色付けのない、完全に透明で正確なサウンドのプリアンプです。

Jfet-dark

JFET:わずかな倍音を付加するクラスAのディスクリートJFETです。ミッドレンジに暖かみが加わります。

Active-dark

ACTIVE:アクティブ・ピックアップを使用する場合に、不要なゲイン・ステージをバイパスすることで、ダイレクトでクリーンなサウンドを得られます。

すべてのモードで117 dBのダイナミック・レンジ、3 Hz – 32kHzの周波数特性でのレコーディングが可能です。安価なインターフェースでありがちな20 Hz以下や20 kHz以上がカットされることはなく、ディープな低域から可聴域外の高域まで、あなたのギター・サウンドを忠実に収録できます。

ピュアで透明なマイク・プリアンプ

マイクを使用したレコーディングにおいても、AXE I/Oの高品位なプリアンプが真価を発揮します。

これらのマイク・プリアンプはワイドかつフラットな周波数特性で、5 Hzから32 kHz、± 0.5 dB(96kHz)で収録可能です。ボーカル、アコーステック・ギター、ピアノなどさまざまなレコーディングに最適です。

ダイナミック・レンジは116 dBを誇ります。繊細な楽器の表現にも、スタック・アンプの大音量にも対応します。

Mic

2_AXE_IO_back_wh

かつてない音色とフィーリングを

ギターのピックアップは、プリアンプのインピーダンスによりサウンドが変化します。低インピーダンスのストンプ・ペダル、1 Mオームのアンプなど、接続するギアによって音色とフィーリングが異なってしまうのです。

特許出願中のZ-TONE™サーキットでは、接続されたギター、ピックアップに合わせて、入力インピーダンスを2.2kオーム(BOLD)から1Mオーム(SHARP)の間で、連続的に調整することができます。

最大インピーダンスではサウンドはよりタイトでシャープかつ正確なサウンドとなります。インピーダンスを下げていくことにより、厚く太いサウンドが手に入ります。

ギター・サウンドをさらに魅力的にするキャラクターのコントロールが、つまみをひねるだけで簡単に行えます。わずか数分試すだけで、ミックスにピッタリと合うサウンドを得ることができ、録音後にEQで試行錯誤する時間を大幅に節約することができるでしょう。

Z-Tone

リアンプも驚くほど簡単に

アンプとストンプのサウンドを決めてギターをレコーディングした後、ミックス段階でアンプ、ストンプのサウンドを再調整したくなることはよくあることです。そこで、DIを通した素のギター音もレコーディングしておき、そのトラックをミックス時にアンプ、ストンプで再度処理するリアンプ処理を行う人が増えていますが、その場合、オーディオ・インターフェースのライン出力を再度アンプ、ストンプ入力用のHi-Zに戻すリバースDIボックス、ハム・ノイズを防ぐためのグラウンド・ループ・インタラプタが必要となり、レコーディング時、リンプ時にその都度すべての接続の抜き差しをしなければなりませんでした。

AXE I/Oは従来のリアンプの悩みを、AMP OUTで解決します。簡単にアクセスできるようフロント・パネルに実装されたHi-Z仕様の1/4″標準バランスAMP OUTでは、AXE I/O Control Panelソフトウェアにてグランド・リフトのON/OFFも選択可能で、アンプ接続時のグラウンド・ループを回避しながら、低ノイズのリアンプが可能になります。

AXE I/Oを使用したリアンプは簡単です。INPUT 1からZ-TONE™サーキットを通して最適なインピーダンスにて入力されたクリーン・トーンのギターをそのままレコーディングしてください。そして、AMP OUTにストンプボックス、アンプを接続し、アンプ前に設置したマイクロフォンをバック・パネルのINPUT 2に接続すれば、レコーディング・モニター時、リアンプ時に、接続を差し替える必要はありません!

AXE I/Oがあれば、これまでDI、インターフェース、リバースDIなど複数の機材の組み合わせが必要だったリアンプが、一台で完結できます。時間、お金、労力を節約しながら、これまで以上に自由な音創りをお楽しみください。

re-amp2@2x.jpg

AmpliTubeとのシームレスな統合

AXE I/Oには、AmpliTubeシリーズなどのアンプ・シミュレーターを使用する場合に便利な機能が多数搭載されています。

フロント・パネルのPRESETノブを使えば、AmpliTubeのプリセットを素早く簡単にスクロール、選択、ロードすることが可能です。AXE I/O Control Panelソフトウェアでは任意のMIDI CCを割り当て可能ですので、他のソフトウェアを使用している場合でも直接制御できます。

preset knob

image

バック・パネルにはコントローラー入力が2つあり、エクスプレッション・ペダルやシングル / ダブル・スイッチを接続してAmpliTubeやその他のソフトウェアのリアルタイム・コントロールが可能です。AmpliTubeのMIDI Learn機能を使えば、コントロールしたいパラメーターを右クリックしてペダルを動かすだけで、アサインできます。

バック・パネルにはMIDI入出力端子もあり、iRig Stomp I/Oなどのフロア・コントローラーを接続し、さらなるリアルタイム・コントローラーを追加できます。MIDIキーボードなども接続可能なので、標準的なMIDI/USBインターフェースとしても使えます。フロント・パネルにはチューナーも搭載されていますので、テイク間のチューニングも容易です。

また、AXE I/Oは最小限のレイテンシーで、タイトで心地の良いレスポンスとフィーリングを提供します。

image

先進的デジタル・コントロール&ルーティング

icon_control_panel

AXE I/Oには、入出力やルーティングのアサイン、接続したコントローラーの設定を行うための、強力で便利なControl Panelアプリケーションが用意されています。

INTERFACEタブでは、アクティブなインプット、ファンタムのON / OFF、AMP OUTのグランド・リフト、アウトプット・ボリューム、ダイレクト・モニタリングのルーティング、サンプル・レート設定などを確認・設定できます。

interface-tab@2x.jpg

CONTROLLERタブでは、PRESETノブと2つのコントローラー入力に接続されたペダル操作時のふるまい(ノブの相対/絶対値、スイッチのラッチ/アンラッチ等)、MIDIチャンネル、MIDI CC番号、CC最小値/最大値などを設定して、制御したいアプリケーションに最適な設定を行えます。

controller-tab@2x.jpg

AXE I/O Control Panelを使用することで、簡単にAXE I/Oをコントロールでき、より作業に集中できる迅速で自由なワークフローを実現できます。

AXE I/Oドライバーとコントロール・ソフトウェアをダウンロード

0U6A6715@2x.jpg

本格的アナログ・スタジオを構築するソフトウェアをバンドル

AXE I/Oには、総額€1,000以上に相当するソフトウェア、プラグインがバンドルされているので、レコーディング、ミキシング、マスタリングをすぐにお楽しみいただけます。

AmpliTube 4 Deluxeは、140機種を超えるギア・モデルを搭載する、Mac/PC対応ギター / ベース・エフェクト&アンプ・モデリング・ソフトウェアです。超リアルでアナログのふるまい同様のギター&ベース・アンプ、キャビネット、ストンプ・エフェクト、マイクが収録されています。

axeio_freestuff_at

収録ギア:

  • 33種のストンプボックス:アコースティック・シミュレーター、コーラス、フランジャー、オプト・トレモロ、ディレイ、ワウ、ダイオード・オーバードライブ、コンプレッサー、グラフィックEQなど
  • 25種のアンプ:American Tube Clean 1, British Tube Lead 1, Solid State Bass Preamp, Jazz Amp 120、リファインされたClassic Britishアンプなど
  • 29種のキャビネット:4×12 Brit 8000, 4×12 Brit 9000, 4×12 Red Pig, 4×12 Brit Silver, 4×10 Open Vintage, 2×12 Closed Vintage, 4×12 Closed Vintage 1など
  • 29種のヴィンテージ&モダンな個別スピーカー・モデル
  • 12種のマイク:Double Dynamic 57, Dynamic 57, Condenser 414, Condenser 87など
  • 15種類のラック・エフェクト:デジタル・ディレイ、パラメトリックEQ、ロータリー・スピーカーなど
  • 2つのチューナー:UltraTunerとクロマチック・ラック・チューナー

T-RackS 5から厳選された、10種類の人気プロセッサーもバンドルされています。ヴィンテージ・アウトボードをモデルにしたコンプレッサー、リミッターから、人気の統合プロセッサーONEまで含まれているので、ワールド・クラスのミックス、マスターを仕上げることができます。


■販売価格:4万5,000円前後(税別)

■お問い合わせ先:IK Multimedia
メーカーの製品紹介ページ


 

関連記事

  1. M-AUDIO / Keystation MK3
  2. ART / TransX
  3. Joué / Pack Joué Essential
  4. sE Electronics / SE2300
  5. UNIVERSAL AUDIO / UAD-2 Live Rac…
  6. fxpansion / BFD Crush: BFD3 Expa…
  7. Universal Audio / 4-710d 購入でUAD-…
  8. UVI / 人気製品を30% OFFで購入できるホリデー・セール…

特集記事

  1. メジャー・レーベルに聞く 楽曲コンペと音楽制作サロン
  2. 異次元の表現力! Fractal Audio Systems / Axe-Fx IIIの魅力を、オカダインターナショナルで伺ってきた
  3. これがレベルアップの近道だ! 耳コピで完コピのススメ
  4. ミュージシャンなら知っておきたい、音楽著作権の基礎知識
  5. モニター・スピーカーのセッティング方法を徹底解説!
  6. 人気のマイク10モデルのサウンドを動画で徹底検証!
  7. 人気オーディオ・インターフェイス 10モデルのサウンドを聴き比べよう!

新製品情報をチェック!

  1. Apogee / HypeMic

  2. UVI / Pulsar

製品レビュー

GUILD / D-240E レビュー

https://www.youtube.com/watch?v=emoRZjiQjiQ歴史あるU…

Greco / GAJ-30P レビュー

https://www.youtube.com/watch?v=91rEAGndHyw本格的な入…

HEADWAY / HSJ-5115SE レビュー

https://www.youtube.com/watch?v=XfKyo-TSqiw国産アコギ…

MORRIS / G-401 レビュー

https://www.youtube.com/watch?v=3lLh14rdWRY時代を作っ…

Taylor / A12e レビュー

https://www.youtube.com/watch?v=wEo_QQn8glc高いシェア…

PAGE TOP