DAW / DTM関連

Zynaptiq / INTENSITY

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

INTENSITYは、ミキシング、マスタリング、サウンドデザイン向けに、不可能をサイエンスで可能とするZynaptiqならではの新しいタイプのマスタリング・グレード・オーディオ・プロセッサーです。顔認識アルゴリズムで使用される技術を基に開発され、サウンドのディテール部分だけを浮き彫りにし、サウンドの知覚的ラウドネスと密度を高め、さらに明瞭さを大幅に向上させることが可能。AIにより制御されるため、基本的に1つのノブを使用するだけで処理できます。このZynaptiq独自のアルゴリズムは、重要な信号特性を検出し、サウンドの特徴を際立たせ、出力段のオプションのソフトニー・サチュレーティング・リミッターにより最大限のラウドネスの実現、美しくアグレッシブなトーンのクリエイトを可能としています。

INTENSITYは、ミキシング、マスタリング、サウンドデザイン向けに、不可能をサイエンスで可能とするZynaptiqならではの新しいタイプのマスタリング・グレード・オーディオ・プロセッサーです。顔認識アルゴリズムで使用される技術を基に開発され、サウンドのディテール部分だけを浮き彫りにし、サウンドの知覚的ラウドネスと密度を高め、さらに明瞭さを大幅に向上させることが可能。AIにより制御されるため、基本的に1つのノブを使用するだけで処理できます。このZynaptiq独自のアルゴリズムは、重要な信号特性を検出し、サウンドの特徴を際立たせ、出力段のオプションのソフトニー・サチュレーティング・リミッターにより最大限のラウドネスの実現、美しくアグレッシブなトーンのクリエイトを可能としています。

INTENSITYの主要機能概要

  • マスタリング・グレードのプロセッシングで、さらなるディテール、明瞭さ、密度、ラウドネスを実現。
  • 効率化されたコントロール・セットを使用し直感的で素早いコントロール。
  • Zynaptiq独自のINTENSITY回路とオプションの周波数依存BIAS機能。
  • 出力段の高精度ソフトニー・サチュレーティング・リミッター。

コンプレッサーのようなもの?

INTENSITYは、バックグラウンドで何を行っているのでしょうか?バンド数無制限のコンプレッサーのようなものと考えると良いかもしれません。時定数はゼロで、AIによりオーディオレートで制御されるため、基本的にたった1つのノブを使用するだけでプロセスを調整することが可能です。

コンプレッサーではない?

ただし、この説明は全く不正確と言わざるを得ません。なぜならINTENSITYはコンプレッサーではなく、全く異なる方法でアプローチするからです。RMS検出機能、スレッショルド、レシオ、アタック/リリースタイムもありません。また、その他の方法によるポンピングやモジュレーション機能もありません。オーバーシュートすることもなく、また絶対値や入力タイプに関係なく機能します。とはいえ、「コンプレッサー」による例えは、使用法と使用目的についてのアイデアを提示するという意味では有効です。

オールラウンドに活躍

INTENSITYは、ナレーション、SFX、ギター、ベース、ピアノなどの楽器の個々のトラックおよびフルミックス、マルチチャンネル・ステム、ドラム・バス、その他の複雑なコンテンツの処理にも最適で、音楽プロデューサー、マスタリング・エンジニア、サウンド・デザイナー、ビデオ・プロデューサー、放送局/ポッドキャスト、科学捜査、オーディオ愛好家、その他あらゆる人々にとって、各々のオーディオ・プロジェクトに素早く簡単に明瞭さ、忠実度、知覚的ラウドネスを加えるのに不可欠なツールとなっています。

比類ないスピード

このプラグインは、優れたサウンドを得るための最速の方法かもしれません。冗談抜きで。実際の活用ストーリーは文字どおり次のようなものです。

  • プラグインをインサート
  • INTENSITYのアマウントを調整
  • 結果に満足

場合によっては、さらに次のような操作を行います。

  • BIASアマウントおよび/またはカーブを調整
  • レベル補正機能をオフに切り替える
  • サチュレーションを有効にする

…本当にこれだけなのです。

何ができるのかの説明が必要ですか?

それでは専門用語は省きます。

サウンドをはるかに素晴らしく向上させるハイテク機能。それ故、Zynaptiqオフィスではこれを「凄ノブ」と呼んでいます。ありとあらゆるものに、いつでも使用。病みつきになるので要注意です!つまりは、先ずはデモ版で試してこの凄さを体感してください。


■販売価格:3万6,800円(税別)→7月31日までイントロ・プライス15,500円

■お問い合わせ先:エムアイセブンジャパン
メーカーの製品紹介ページ

関連記事

  1. YAMAHA / VOCALOID 5
  2. PreSonus / Studioシリーズ
  3. ART / TransX
  4. ESP / LUNATIC FEST. 2018 (SUGIZO…
  5. YAMAHA / REVSTARシリーズ
  6. Focal / Shape Twin
  7. Sterling by MUSICMAN / RAY34QM,R…
  8. discoDSP / Discovery Pro

特集記事

  1. 異次元の表現力! Fractal Audio Systems / Axe-Fx IIIの魅力を、オカダインターナショナルで伺ってきた
  2. これがレベルアップの近道だ! 耳コピで完コピのススメ
  3. ミュージシャンなら知っておきたい、音楽著作権の基礎知識
  4. モニター・スピーカーのセッティング方法を徹底解説!
  5. 人気のマイク10モデルのサウンドを動画で徹底検証!
  6. 人気オーディオ・インターフェイス 10モデルのサウンドを聴き比べよう!
  7. ヘッドフォン/イヤフォンにこだわる

新製品情報をチェック!

  1. Radial / Presenter

  2. ZOOM / H3-VR

  3. Reloop / TAPE 2

製品レビュー

Roland / AX-Edge レビュー

昨今の楽曲において、「キーボード/シンセサイザー」は欠かすことのできないパートです。しかし演…

SYNERGY AMPS / SYN1 レビュー

サウンドを"着せ替える"曲に合わせて好みのサウンドを追求するというのは、ギターを弾く上での大きな…

Jim Dunlop / Cry Baby MINI 535Q WAH

表情豊かなワウ・サウンドを、コンパクト・ボディーに凝縮ワウ・ペダルのスタンダードギターの音の…

BOSS / MS-3

いくつものエフェクトを組み合わせて、楽曲のイメージにピッタリなサウンドを作る…ギターやベース演奏の醍…

Roland / GO:MIXER

演奏風景を動画で撮りたい。そんな時に課題となるのが音声クオリティーです。映像に関してはスマートフォン…

PAGE TOP