WAY HUGE初となるベース用エフェクターが登場

オーバードライブ/ファズ・ペダル

ハンドメイド・エフェクターの先駆けとして、カラフルで音楽的なサウンドが高い支持を集めるWay Hugeから、初となるベース用エフェクター「WHE 214 Pork & Pickle」が登場です。本作は「WHE201:PORK LOIN OVERDRIVE」と「WHE408 RUSSIAN PICKLE FUZZ」という、同ブランドの中でも人気の2つのペダルを融合させたベース用のオーバードライブ/ファズで、幅広い歪みを生み出すことができる1台です。詳しく見ていきましょう。

オーバードライブとファズは、本体中央のトグル・スイッチで切り替えが可能。基本のサウンドはVOLUMEとDRIVE、そしてTONEの3コントロールで作っていきます。

まずオーバードライブ・モードですが、ソフト・クリップの定番オーバードライブ・サウンドから、ディストーションまでをカバー。レンジ感も広く、明るいハイファイ・サウンドからダーティーな泥臭いサウンドまでTONEで大きく表情が変わるのが印象的。ピックでゴリゴリ弾いても良いですし、スラップとの相性も良いので、非常に使い勝手が良いです。

ファズ・モードは、ロシアン・マフを彷彿とさせるWHE 408をベースにしているだけあって、ローミッドが印象的ないわゆる「クリーミー」なファズ・トーンを再現することができます。クランチ・トーンからヘヴィー・ファズまで、これ1台で大概のドライブ・サウンドは再現できるでしょう。

クリーン・トーンをミックス

サウンド・メイクのキモになるのが、エフェクト音に原音を足すことができるクリーン・ブレンド・コントロール。歪ませていくと、どうしても線が細くなってしまうのですが、原音をMIXすることで芯のある力強いサウンドを作ることができます。しかも原音に個別にかけられるトーン・コントロールまで付いているので、溶け込むような自然なトーン・メイクが可能です。何ともいじりがいのあるエフェクターです。


■販売価格

2万9,000円(税別)

■お問い合わせ先

モリダイラ楽器
メーカーの製品紹介ページ