DAW / DTM関連

Apogee / HypeMic

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スピーカーから流れるお気に入りの曲が、飛び抜けて良く聴こえるのはなぜか、不思議に思ったことはありませんか?ボーカルが魔法のように自然とバックの演奏から浮かび上がってくる。そこで重要な役割を果たすのがコンプレッションです。HypeMiCは、スタジオ・クオリティのアナログ・コンプレッションを手軽に加えることのできるUSBマイクロフォン。ボーカル、ナレーション、ポッドキャストからパーカッション、各種の楽器、どんなレコーディング素材でも、HypeMiCとiPhoneやコンピューターがあれば、インスピレーションを感じた場所がスタジオに。鮮烈でハイクオリティなサウンドを、レコーディングに取り入れることができます。

HypeMiCの特徴

  • スタジオ・クオリティのアナログ・コンプレッサーを内蔵
  • PureDIGITAL接続による最大24-bit/96kHzの澄みわたるサウンドクオリティ
  • 高品位カーディオイド・コンデンサー・マイクカプセルを採用
  • Blend機能搭載のヘッドフォン出力によるゼロ・レイテンシー・モニタリング
  • 三脚、ポップフィルター、専用ケース付属
  • 複雑な操作設定は不要。対応オーディオ・アプリでプラグ&レコード
  • iOS、Mac、PC対応

HypeMiCでもっとレコーディングを手軽に、高音質に

音楽 – ボーカル

HypeMiC独自のアナログ・コンプレッションは、他のマイクでは決して真似できない質感をボーカル・サウンドに与え、その魅力を高めてくれます。コンプレッションの設定は3種類用意されており、専門的な処理やミックスを施すことなくバランスの取れたミックス・クオリティのレコーディングを実現します。

かつてない手軽さでレコーディングできるため、ベストテイクを逃すことは、もうありません。

アコースティック楽器

HypeMiCの滑らかさと暖かさは、アコースティック楽器の収録を新たなレベルに引き上げてくれるはずです。コンプレッション・レベルが常に適正に変化するため、楽器の持つ豊かなトーンを妥協することなく捉えることができるからです。

高い音圧にも耐えうるよう設計されたHypeMiCなら、ブラス隊やコーラス、ドラムといったラウドなアコースティック楽器でも明瞭さとディテールを保ったまま収録することができます。

ナレーション/映像用オーディオ

Pポッドキャスト、ナレーション、インタビュー、YouTube収録、ライブ配信、会議

ライブ配信、ポッドキャスト、放送、HypeMiCならオーディオのダイナミクスと優れた明瞭さをバランスよく安定させ、そのまま放送・配信に使えるクオリティでレコーディングが可能。Mac/PCそしてiOSで、オーディオ・デバイスの選択が可能なほとんどのアプリケーションに、HypeMiCは対応しています。どんなところでも、常にプロ・スタジオ級のサウンドで収録できますね。

その独特のキャラクターを活用する

HypeMiCのアナログ出力

レコーディングやミックスに使える、鮮烈で新鮮なサウンドをお探しなら、HypeMiCがぴったりでしょう。HypeMiCのステレオ出力からのシグナルをミキサー、オーディオ・インターフェイス、ハードウェア・レコーダーに入力すれば、ユニークかつ存在感あるHypeMiCコンプレッション・サウンドを取り入れることができます。


コンプレッション設定

HypeMiCでは3つのコンプレッション設定が選択でき、すべてフロントパネルのノブからコントロール可能です。

整える(コンプ少)

最小限のコンプレッション設定。ボーカルや楽器のサウンドをレコーディングに合わせて整えるのに最適なセッティングです。

揃える(コンプ中)

ポッドキャスト、インタビュー、ライブ配信など、声のダイナミクスをきっちり揃えたいなら、こちらの設定が良いでしょう。

叩く(コンプ高)

中継放送などに使われる、コンプレッションを最大限に効かせた、声(ボイス)のレコーディングに適しています。

実際のレコーディングでは、好みに合わせていずれかの設定をお試しください。ただし、マイクの入力レベルもコンプレッションに影響します。コンプレッションをかけたとき、環境ノイズも強調される傾向にあるので、ご注意ください。


遅れのないモニタリング

Blend機能なら、レコーディング中もゼロ・レイテンシーでモニタリング

Jam+ や MiC+と同じく、HypeMiCの3.5mmステレオ・ヘッドフォン出力では、Blend機能によるゼロ・レイテンシーのモニタリングが利用できます。Blendからは、ダイレクト信号(マイクからの入力)とソフトウェア再生(コンピューターからの出力)をミックスを調整し、最適なバランスに設定することができます。

もっと大きく、もっとクリアに

いつも使う制作アプリケーションでの録音や再生をモニタリングする、ストリーミングを聴く。HypeMiCなら、どんなオーディオ再生においてもそのクオリティを劇的に向上させることでしょう。96kHzの高解像サンプルレートによる広々としたヘッドルームを持つHypeMiCが、ヘッドフォンやパワード・スピーカーを、驚くほどの明瞭さとパワフルなボリュームでドライブします。

マイク、コンプレッサー、プリアンプ、コンバーター

4つのプロダクトを、コンパクトな1つの筐体に

HypeMiCとは何か?それはマイクロフォン、アナログ・コンプレッサー、マイクプリアンプ、そしてA/D、D/Aコンバーターを一つのコンパクトな筐体に収めたデバイスです。ApogeeはHypeMiCの開発・設計に細心の注意を注ぎ、限界までローノイズであること、そして最高の音質を目指しました。


プロダクト・ツアー

付属アクセサリ

専用ケースとカスタム・ポップフィルター、デスクトップ用三脚が付属。HypeMiCならレコーディングに必要なすべてのアクセサリが揃います。


■販売価格:4万円(税別)

■お問い合わせ先:メディア・インテグレーション
メーカーの製品紹介ページ


 

関連記事

  1. INTERNET / ダウンロード製品が30% OFF!2018…
  2. ERNiE BALL MUSIC MAN / StingRay …
  3. Radial / Presenter
  4. Rupert Neve Designs / RMP-D8
  5. 【セール】UVI / Synth Anthology IIが40…
  6. Native Instrumentsの170製品以上の製品が半額…
  7. 音街ウナ 2nd Anniversary 楽曲配信 コマーシャル…
  8. audio-technica / ATH-M50xBT

特集記事

  1. メジャー・レーベルに聞く 楽曲コンペと音楽制作サロン
  2. 異次元の表現力! Fractal Audio Systems / Axe-Fx IIIの魅力を、オカダインターナショナルで伺ってきた
  3. これがレベルアップの近道だ! 耳コピで完コピのススメ
  4. ミュージシャンなら知っておきたい、音楽著作権の基礎知識
  5. モニター・スピーカーのセッティング方法を徹底解説!
  6. 人気のマイク10モデルのサウンドを動画で徹底検証!
  7. 人気オーディオ・インターフェイス 10モデルのサウンドを聴き比べよう!

新製品情報をチェック!

  1. Apogee / HypeMic

  2. UVI / Pulsar

製品レビュー

GUILD / D-240E レビュー

https://www.youtube.com/watch?v=emoRZjiQjiQ歴史あるU…

Greco / GAJ-30P レビュー

https://www.youtube.com/watch?v=91rEAGndHyw本格的な入…

HEADWAY / HSJ-5115SE レビュー

https://www.youtube.com/watch?v=XfKyo-TSqiw国産アコギ…

MORRIS / G-401 レビュー

https://www.youtube.com/watch?v=3lLh14rdWRY時代を作っ…

Taylor / A12e レビュー

https://www.youtube.com/watch?v=wEo_QQn8glc高いシェア…

PAGE TOP