チューブにこだわるギタリストのための、ホームアンプ

真空管にこだわりたい!

デジタルのシミュレーターも良いけど、やっぱりチューブにこだわりたい! そんなギタリストの心理に応えてくれるのがFRYETTEの「VALVULATOR GP/DI」です。FRYETTEといえば、一世を風靡したVHTの創設者であるスティーヴ・フライエット氏の展開するブランドです。内蔵型リアクティブ・ロードとキャビネット・シミュレーターを搭載した、1Wのオール・チューブ・アンプが、VALVULATOR GP/DIです。

プリアンプ部にはClean、Deliverance、 PittbullといったFRYETTEを代表する3機種のサウンドを搭載。もちろんVOICINGとSATURATIONの2段ゲイン仕様です。さらにMore/Lessスイッチでゲイン・ステージの数を切り替えることができるので、1台でかなり多彩なゲイン・コントロールが行えるようになっています。

12AX7 x 3、12DW7 x 1を搭載し、サウンドは紛れもないチューブ・サウンド。3バンドのEQとMASTERセクションノDEEP/TIGHTスイッチ、DYNAMICSつまみの組み合わせで、ギタリストの心をくすぶる風格のあるサウンドがいとも簡単に得られるようになっています。

自宅やレコーディング用途でも

直接キャビネットにつないで鳴らすこともできますが、最大の魅力はD.I.アウトやキャビネット・シミュレーター機能で、自宅でも簡単に使える点です。背面には様々な端子が用意されており、どんな用途にも柔軟に対応してくれます。キャビネットやマイク・シミュレーター・セクションはサウンド・コントロールも可能です。

注目したいのが2系統のDIRECT OUT。2つは同じ信号を出力するのではなく、DIRECT OUT1はD.I.を通っただけの素の音が、DIRECT OUT2からはアンプを通ったウェットの音を同時に出力することができるのです。つまり、エフェクト音とは別に、リアンプ用のドライ信号をDAWに録音できるということ。

しかも、AUX INPUTはリアンプ用のインプット端子としても利用できるので、1台でリアンプ環境が実現可能! 各種ヘッドフォンも接続できたりと、現代のレコーディング環境にマッチする機能を備えつつも、真空管サウンドが得られる。そんなイイトコづくしのホーム・アンプなのです。


■税抜き価格

9万8,000円

■お問い合わせ先

オカダインターナショナル
メーカーの製品紹介ページ

関連記事

ページ上部へ戻る