ドラム

Roland / TD-17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

もしもあなたが“ドラムの上達”に本気なら、その野心を満たすためのドラム・セットが必要です。TD-17シリーズは、その楽器としての高い基本性能や練習機能であなたのスキルを磨き上げ、さらに進化させてくれるV-Drums。その原動力となっているのが、新たに開発されたスネア用パッドと、フラッグシップ音源TD-50の最新技術を継承したサウンド・エンジンです。たとえば、すべてのドラマーに必要な正しいスティック・ワークやフット・コントロール。

TD-17シリーズなら、手足の動きを忠実にサウンドに反映し、アコースティック・ドラムでも通用する正確なテクニックを磨くことが可能です。さらに、コーチ・モードがあなたのテクニックをチェック、上達具合を評価してくれるから、練習のモチベーションもアップ。よりよいドラマーを目指すには、日々の努力が不可欠。V-Drums TD-17シリーズは、あなたの着実なスキル・アップをサポートします。

打感、サイズともにアコースティックに迫る演奏感のスネア用パッドPDX-12

TD-17KVXとTD-17KVのスネア部には、12インチ・サイズ、2プライ・メッシュ・ヘッドで自然な打感が得られる新開発PDX-12を採用。チューニング・キーで好みの張り具合に調整できるほか、新開発の構造を採用することでアコースティック・スネアと同等のフープの高さを実現。オープン・リム・ショットでスティックにリムをかけたときの感覚がとてもナチュラルです。セット全体はコンパクトでありながら、ドラム演奏の要であるスネアは口径を大きくすることで、アコースティック・スネアに近い打面のショット位置やスティックの距離感を実現。正しいフォームでの演奏が自然に身につきます。

理想的なハイハット・ワークが身につきます

ハイハットの演奏は、叩く強さの微妙な加減による音色変化や、手足のコンビネーションが重要なポイント。TD-17KVX-Sには、トップ/ボトム一体型の新開発Vハイハット VH-10を採用。アコースティック・ドラム用のハイハット・スタンドに装着し、ペダルの踏み込みの検知ユニットでシンバルの上下動をセンシング。軽量の薄型フレームにより、ハイハットを叩いたときの自然な揺れを再現するほか、俊敏なペダル操作であってもスムーズなオープン/クローズの動作が可能です。ショットの位置や強弱、ペダルのオープン/クローズの具合やタイミングを忠実に反映しますので、ハイハットのさまざまなコントロール方法を身につけるのに最適です。

クラスを超えた豊かな表現力が、最高の演奏を引き出します

TD-17は、プロ仕様のフラッグシップ音源TD-50のPrismatic Sound Modeling技術を継承。ドラムの音の鳴るメカニズムを再現し、繊細なサウンドから力強いサウンドまで、幅広いダイナミクスで生々しい豊かな響きのドラム・サウンドを生み出します。ハイハットのハーフ・オープンやボウ/エッジの叩き分け、シンバルの連打時の自然な音色変化も再現するなど、ドラム特有のさまざまな奏法を的確にサウンドに反映。アコースティック・ドラムに迫る豊かな表現力は、ドラムの演奏テクニックをしっかりと身につけるための大切な要素です。

静粛性もそなえながら、アコースティックさながらの踏み心地

TD-17シリーズのキックには、新開発のKD-10を採用。打面の周囲にラバー製のカバーを装着し、より一層静粛性を高めています。打面のクッション・パッドはビーターの打撃後に沈み込むようなフィーリングが得られ、ナチュラルな踏み心地です。ツイン・ペダルの使用も可能で、安定性の高いウイング形状の幅広フレームで激しいペダル・ワークにも対応します。

アコースティック・ドラムの演奏テクニックを磨くのに、最適なキット構成

TD-17シリーズは、コンパクトでありながら本格的な演奏スタイルにも対応するパッド構成です。特にTD-17KVXは2枚のクラッシュと1枚のライドによる3シンバル構成に加え、アコースティックさながらの演奏感が得られるVH-10を採用。また、全キットのスネア取り付け部にボール・クランプを採用するなど、パッド類の柔軟な位置・高さ調整に対応し、自分にぴったりのセッティングが可能です。

関連記事

  1. JBL PROFESSIONAL / 3 Series MkⅡ
  2. Line 6 / Shuriken Variax
  3. VOX / MINI SUPERBEETLE
  4. Native Instruments / DISCOVERY S…
  5. ERNiE BALL MUSIC MAN / StingRay …
  6. Nektar Technology / PACER
  7. Focal / Shape Twin
  8. Image-Line / FL STUDIO 20

特集記事

  1. ミュージシャンなら知っておきたい、音楽著作権の基礎知識
  2. モニター・スピーカーのセッティング方法を徹底解説!
  3. 人気のマイク10モデルのサウンドを動画で徹底検証!
  4. 人気オーディオ・インターフェイス 10モデルのサウンドを聴き比べよう!
  5. ヘッドフォン/イヤフォンにこだわる
  6. バンド録音の流れを徹底解説!

新製品情報をチェック!

製品レビュー

Jim Dunlop / Cry Baby MINI 535Q WAH

表情豊かなワウ・サウンドを、コンパクト・ボディーに凝縮ワウ・ペダルのスタンダードギターの音の…

BOSS / MS-3

いくつものエフェクトを組み合わせて、楽曲のイメージにピッタリなサウンドを作る…ギターやベース演奏の醍…

Roland / GO:MIXER

演奏風景を動画で撮りたい。そんな時に課題となるのが音声クオリティーです。映像に関してはスマートフォン…

Tracktion / Waveform 9

ミュージシャンやクリエイターがDAWソフトを使う目的は、何と言っても曲を作ること。その本質を追求…

Way Huge / WHE214 Pork & Pickle Bass Overdrive

WAY HUGE初となるベース用エフェクターが登場オーバードライブ/ファズ・ペダ…

PAGE TOP