RECORDING / PA

Roland / GO:MIXER PRO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ミュージシャンやライブ配信に関わらず高音質な動画コンテンツは、クオリティ・レベルを引き上げます。 しかし、日常生活においては問題のないスマート・デバイスの内蔵マイクでも、視聴者を魅了する高音質な動画コンテンツ作成をするには、録音環境への配慮や機材など色々と手間が掛かります。高音質な動画を作成したい方に向けて作られたGO:MIXER PROは、コンデンサー・マイクをはじめ、ギター/ベース、キーボードなど最大9つのオーディオ入力を接続してミキシングすることが可能です。 難しい設定は必要ありません。GO:MIXER PROに接続して音量レベルを合わせればスマート・デバイスへステレオ出力されますので録音・録画してすぐにSNSへ高音質動画をアップロードできます。更にGO:MIXER PROを使えば画面分割動画の作成ができる「4XCAMERA」とクロマキー動画を作成できる「Virtual Stage apps」のフル・バージョンを使用することができるのでユニークで一味違った動画を作ることもできます。 動画や配信を簡単にプロ・クオリティの高音質にすることができるGO:MIXER PROは、あなたのコンテンツのビュー数やフォロワー数の向上に貢献する強力ツールです。

良いコンテンツは良いサウンドから

スマート・デバイスで自撮りした演奏動画を見たとき、自分の演奏の音を掻き消す周囲の雑音にがっかりした方は、多いのではないでしょうか?GO:MIXER PROを使えば、ソロでの演奏はもちろん、キーボードやギター/ベース、ボーカルなど他のパートのメンバーとのアンサンブル演奏も周りのノイズがないクリアなサウンドでレコーディングすることができます。

GO:MIXER PRO

ボーカルの個性を引き立てる

GO:MIXER PROを使えばスマート・デバイスに入っているお気に入りの楽曲と合わせて歌う「歌ってみた動画」を簡単に作成することができます。 センター・キャンセル機能を使えばセンターに定位したボーカル・レベルを下げることが出来るので簡単にバッキングにすることができます。更にGO:MIXER PROは、ファンタム電源対応のXLR入力端子を装備しているのでレコーディング・スタジオで使用されるようなコンデンサー・マイクも使用することができます。

*センター・キャンセルの効果は、使用する曲によって異なります。
**iPhone / iPadでのファンタム電源の使用は、電池駆動時にのみ可能です。

GO:MIXER PRO

長時間のライブ・ストリーミングも可能

スマート・デバイスとのソーシャル・メディア普及によりライブ・ストリーミングは、急激に身近なものになりました。しかし、スマート・デバイス内蔵のマイクは、低音質のため楽器演奏のライブ・ストリーミングには向いていません。GO:MIXER PROを使用すれば各チャンネルの音量バランスが取れる上に高音質なサウンドを実現しています。更に単4アルカリ電池4本で約4時間の駆動ができるのでスマート・デバイスのバッテリー残量に依存しない長時間のストリーミングにも対応することができます。

GO:MIXER PRO

「4XCAMERA」アプリで画面分割動画に挑戦

ローランドのアプリ4XCAMERAは、画面を4分割した動画を作成できます。一人で色々な楽器を演奏するような動画、いわゆる「一人で演奏してみた」動画をスマート・デバイスだけで簡単に作成することができます。GO:MIXER PROを接続すればフリー版の2分割までの制限がなくなり、フル・バージョンの4分割画面の動画編集ができるので2パートのボーカルと2パートの楽器などの分割動画にチャレンジしてみてはどうでしょうか。

4XCAMERA 製品詳細 >>

GO:MIXER PRO

好きな場所を背景にした動画を作成できるアプリ「Virtual Stage Camera」

ローランドのアプリVirtual Stage Cameraは、スマート・デバイスの中のお好きな画像を背景にした動画を作成できるので、例えば好きなバンドと一緒にプレイするような動画を簡単に作成することができます。そして、また、ブルー・バックもしくは、グリーン・バックの動画を作成してスーパー・インポーズ機能を持つ映像編集ソフトで編集すれば、ワンランク上の本格的な動画編集も可能です。

Virtual Stage Camera 製品詳細 >>

GO:MIXER PRO

屋内、屋外、場所を選ばず簡単に使える

GO:MIXER PROは、コンパクトサイズながら9in2outで多チャンネルの入力に対応。更に電池駆動も可能なので機材が充実していない小さなパーティやセッションなどで活躍します。キーボードにギター/ベース、そしてボーカルが集まれば、大好きな曲をすぐにスマート・デバイスで録画することができます。

GO:MIXER PRO

スマート・デバイスだけでオリジナル曲を作成

楽曲制作のツールとしてもGO:MIXER PROは活躍します。GO:MIXER PROは、ループ・バックのon/offスイッチを搭載しているのでApple GarageBandのようなバッキングトラックを再生しながら合わせて歌ったボーカルを録音するようなDAWアプリでもオーディオ・インターフェイスとして使用することができます。


■お問い合わせ先:ローランド
メーカーの製品紹介ページ

関連記事

  1. marantz Professional / Turret
  2. Fender / PARALELL UNIVERSE 第五弾 T…
  3. Golden Age Project / COMP-2A
  4. Gamechanger Audio / PLUS Pedal
  5. Line 6 / HX Stomp
  6. ZOOM / LIVETRAK L-20
  7. Jackson / Warrior WRX24
  8. Sterling by MUSICMAN / JP60 SERI…

特集記事

  1. メジャー・レーベルに聞く 楽曲コンペと音楽制作サロン
  2. 異次元の表現力! Fractal Audio Systems / Axe-Fx IIIの魅力を、オカダインターナショナルで伺ってきた
  3. これがレベルアップの近道だ! 耳コピで完コピのススメ
  4. ミュージシャンなら知っておきたい、音楽著作権の基礎知識
  5. モニター・スピーカーのセッティング方法を徹底解説!
  6. 人気のマイク10モデルのサウンドを動画で徹底検証!
  7. 人気オーディオ・インターフェイス 10モデルのサウンドを聴き比べよう!

新製品情報をチェック!

  1. iCON / Qcon Pro X

製品レビュー

Roland / AX-Edge レビュー

昨今の楽曲において、「キーボード/シンセサイザー」は欠かすことのできないパートです。しかし演…

SYNERGY AMPS / SYN1 レビュー

サウンドを"着せ替える"曲に合わせて好みのサウンドを追求するというのは、ギターを弾く上での大きな…

Jim Dunlop / Cry Baby MINI 535Q WAH

表情豊かなワウ・サウンドを、コンパクト・ボディーに凝縮ワウ・ペダルのスタンダードギターの音の…

BOSS / MS-3

いくつものエフェクトを組み合わせて、楽曲のイメージにピッタリなサウンドを作る…ギターやベース演奏の醍…

Roland / GO:MIXER

演奏風景を動画で撮りたい。そんな時に課題となるのが音声クオリティーです。映像に関してはスマートフォン…

PAGE TOP