エフェクター

SYNERGY AMPS / SYN1 レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

サウンドを”着せ替える”

曲に合わせて好みのサウンドを追求するというのは、ギターを弾く上での大きな楽しみの1つです。中でもどのようなギター・アンプを使うかによって、出来上がるサウンドはまったく別モノになってしまいますから、好みの音を追求するなら、アンプのチョイスは非常に重要になってきます。しかし、大きなヘッド・アンプを個人で所有するのは、経済的にも持ち運びの面でも大変。しかも違うアンプの音が欲しくなったときには買い換えないといけない…。そんな悩みを解決してくれるのがSYNERGY AMPSの「SYN1」というチューブ・プリアンプです。

SYN1はチューブ・プリアンプとして販売されている製品なのですが、1番の特徴がアンプの心臓部を「モジュール」として自由に差し替えられる点です。SYN1自体はあくまで電源や入出力端子を搭載した箱で、ここに自分の使いたいアンプのモジュールをセットすることで、アンプの“着せ替え“ができるのです。モジュールは、写真のように本体の基板に押し込むだけで簡単に取り付け可能。SYN1の電源が入った状態で抜き差しができるので、エフェクターを差し替えるような感覚で使うことができます。

モジュールは左右の固定ネジを外すだけで、簡単に取り替え可能。ホットスワップなので、録音中に「モジュール変える??」なんて使い方も…

11種類のモジュール

モジュールは11種類(各5万8,000円)が発売されているのですが、SoldanoやFriedman、Diezel、Fender、Marshallなど誰もが知る名アンプが揃っています。色々なアンプ・サウンドを使い分けられる。こう聞くと、アンプ・シミュレーター(マルチ・エフェクター)のようなデジタル・エフェクターを思い浮かべる方も多いと思います。こういったシミュレーターは練習からライブまで使えて便利ですが、どうしても“似せて作られた音“のため、本物のアンプを鳴らしたときのサウンドや弾き心地とは、少し違ってしまいます。

しかし、SYNAGY AMPは真空管を使った本物のアナログ・アンプ! しかもモジュールを作っているのは、世界的に有名なアンプ・ブランドなのです。今回は、ロックの象徴として君臨するMarshall / Plexiを再現する「SYNERGY PLEXI」と、音にこだわるギタリストから絶大な支持を集めるFriedman / BE-100をモジュール化した「FRIEDMAN HBE module」をテストしてみました。

モジュールは、いずれも「実機」のアンプを買うよりも遙かに手頃で手に入ります。

本物のアンプ・サウンド

SYN1の接続はいくつかの方法がありますが、1番シンプルなのがギター・アンプのエフェクト・リターン端子に接続して、シンプルなプリアンプとして使う方法。また、アンプがシリーズ・ループを備えている場合はセンド/リターンとインプットを計3本のシールドで接続することで、SYN1の性能をフル活用できます。

まずSYNERGY PLEXI PLEXIを試しましたが、アンプから出てきたのはギュッとしまった低域と、ヌケが良さを兼ね備えた、まさにPLEXIのサウンド。各チャンネルにはIとIIというコントロールがあり、実機の入力をジャンプさせたときのサウンドを再現することができます。セッティングによってはかなりのハイ・ゲインまでカバーしてくれ、これぞロック・ギター! という王道サウンドが楽しめます。

FRIEDMAN HBE moduleも同じMarshall系ですが、さらにハイゲインでモダンなサウンド。深く歪ませても思うようにニュアンスが出せ、かつ1音1音がクリアで分離の良いサウンドは、とにかく弾いていて気持ちが良いです。音を出した瞬間にガツンとくる感覚は、やはりデジタルでは再現できない心地良さといえるでしょう。

また、レコーディングで使うことを考えるとキャビネット・シミュレーターの組み合わせもオススメ。今回はプラグインのシミュレーター(IR)を使ってみましたが、やはりソフトのシミュレーターとは一線を画す演奏感。出音というより、ピックが弦に触れたときの「ゴリッ」という生々しい感覚が、“その気“にさせてくれます。

デジタルのシミュレーターも良いですが、やはり「真空管」にこだわりたいギタリストの皆様、ぜひ1度お試し下さい。

入出力も豊富なので、ライブからレコーディングまで、様々なセットアップに対応可能です


■販売価格:8万4,000円(税別)

■お問い合わせ先:モリダイラ楽器
メーカーの製品紹介ページ

関連記事

  1. IK Multimedia / Leslie Collectio…
  2. Native Instruments / MASCHINE MK…
  3. NATIVE INSTRUMENTS / SYMPHONY ES…
  4. Roland / R-07
  5. ZOOM / ARQ AR-48
  6. BOSS / MS-3
  7. Positive Grid / BIAS FX Professi…
  8. SPITFIRE AUDIO / CHAMBER STRINGS…

特集記事

  1. 異次元の表現力! Fractal Audio Systems / Axe-Fx IIIの魅力を、オカダインターナショナルで伺ってきた
  2. これがレベルアップの近道だ! 耳コピで完コピのススメ
  3. ミュージシャンなら知っておきたい、音楽著作権の基礎知識
  4. モニター・スピーカーのセッティング方法を徹底解説!
  5. 人気のマイク10モデルのサウンドを動画で徹底検証!
  6. 人気オーディオ・インターフェイス 10モデルのサウンドを聴き比べよう!
  7. ヘッドフォン/イヤフォンにこだわる

新製品情報をチェック!

  1. Radial / Presenter

  2. ZOOM / H3-VR

  3. Reloop / TAPE 2

製品レビュー

Roland / AX-Edge レビュー

昨今の楽曲において、「キーボード/シンセサイザー」は欠かすことのできないパートです。しかし演…

SYNERGY AMPS / SYN1 レビュー

サウンドを"着せ替える"曲に合わせて好みのサウンドを追求するというのは、ギターを弾く上での大きな…

Jim Dunlop / Cry Baby MINI 535Q WAH

表情豊かなワウ・サウンドを、コンパクト・ボディーに凝縮ワウ・ペダルのスタンダードギターの音の…

BOSS / MS-3

いくつものエフェクトを組み合わせて、楽曲のイメージにピッタリなサウンドを作る…ギターやベース演奏の醍…

Roland / GO:MIXER

演奏風景を動画で撮りたい。そんな時に課題となるのが音声クオリティーです。映像に関してはスマートフォン…

PAGE TOP