空気感まで緻密に再現されたキーボード・コレクション

 

歌モノにピッタリのピアノ

「Pianos & Keys」は、Wavesの人気キーボード音源5製品を1パッケージにバンドルした製品です。

「Grand Rhapsody Piano」は、イタリアン・グランドの代名詞、Fazioli F228をサンプリングした製品。ポイントは、ただのF228ではなくロンドンのMetropolis Studiosに常設され、これまで数々の名盤で実際に使われてきた個体が収録されているという点でしょう。

そんな名ピアノを8本のマイクで収録。同時に3本までのマイクとペダルなど各種ノイズを自由にミックスして音作りすることができます。サウンド自体は、軽やかながらしっかりと深みを持ったファツィオリらしさが満点で、ボーカルを邪魔しないので歌モノとの相性もバッチリ。エフェクト部分には、EQ、コンプ、リミッター。ディレイ、リバーブを搭載。リバーブはH-Reverbがベースになっているようです。

3種類のエレピ

続いてエレピを見ていきましょう。

「Electric 88 Piano」はFender Rhodesをサンプリングした音源で、多くの人がイメージするであろう往年の”ローズ・サウンド”が簡単に再現可能。タッチによる音色変化も非常に心地良く、コロコロとした甘いトーンから、割れるようなサウンドまでしっかりカバーしてくれます。

 「Electric 200 Piano」はWurlitzer A200を再現。A200といえば唸るようなリード・サウンドや独特の力強いサウンドが印象的ですが、同時に丸みを帯びた甘いトーンも魅力。 Electric 200 Pianoには2種類のピアノ・モデルを収録。エフェクトも秀逸で、歪ませたときの質感は最高です。

1980年代のポップ・シーンで多用されたCP-80をサンプリングしたのが「Electric Grand 80 Piano」。独特のパキッとしたサウンドがしっかりと再現されています。

そしてファンクの象徴、D6クラビネットを再現したのが「Clavinet」。先月号のレビューで紹介しているので、詳しくはそちらをご覧ください(レビュー記事はこちらから)。

どの製品も、音色としてのリアルさだけでなく、弾いたときの気持ち良さと、絶妙なエフェクトのかかり具合が印象的でした。


■販売価格

3万8,880円(税込)

■お問い合わせ先

メデイア・インテグレーション
メーカーの製品紹介ページ