マスタリング・プロセッサーの金字塔、Weiss DS1-MK3がプラグインになった

Weissがプラグインになった!

マスタリングに興味を持っているのであれば、Weissの名前を目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。1990年以降のデジタル・マスタリングで重宝されたDS1-MK3は、マスタリング・コンプレッサー/リミッター/ディエッサー。実機は100万円を超えるハイエンド機器をSoftubeが世界で初めてプラグイン化した「Weiss DS1-MK3」が発売されました。

モデリング技術に定評のあるSoftube。これだけ見るとハードウェアのエミュレーション/モデリング・プラグインのように見えると思いますが、実はエミュレーションではなく、実機のハードウェアで使われているコードをそのまま移植した「プラグイン版」です。Weiss Engineering社とのアライアンスにより実現した、世界で初めての製品なのです。昨今のプラグインとしては高めの価格設定ですが、内容を知って音を聴けば「安い!」と感じることでしょう。

無味無臭なピュア・サウンド

最近はマスタリング・プラグインが高性能化し、元のサウンド・イメージを保ったままラウドネスを引き上げることができるようになりました。しかし、実際に試してみると、Weiss DS1-MK3は従来のプラグインとは別次元のサウンド。とにかくピュアで美しいのです。アナログ・モデリングはアナログ風のキャラクターが付くのと同じように、デジタルのエフェクトにはデジタル感がどうしても付きものですが、DS1-MK3は無味無臭。もちろんM/S処理も可能で、また、アタックを残しつつ音圧を稼ぎ、高域をディエッサーでカットする…といった処理がいとも簡単に、かつ効果的に行えます。

また、ボブ・カッツ氏の手によるプリセットも秀逸なので、マスタリングに悩んでいる人は、ぜひ一度試してみてください。感動と同時に目からうろこが落ちることでしょう。

なお、パラメーターを抜粋した「Weiss MM-1(単品価格:1万9,800円)」もバンドル。こちらは、リミッティング・スタイルを選んでマキシマイズ量を決めるだけで使える、シンプル版。こちらもかなりオススメです。


■販売価格

5万4,800円(税込)

■お問い合わせ先

エムアイセブンジャパン
メーカーの製品紹介ページ