大ヒットしたVH4 PEDALがさらに進化。Diezelの絶品ハイゲイン・サウンドをペダルに

VH4のCh3&4がペダルに

昨年末に発売され、話題騒然となったDiezelのVH4 PEDAL。モダン・ハイゲイン・アンプの代名詞、VH4のサウンドをペダルで再現できると大ヒットしました。新作の「VH4-2 PEDAL」は、2チャンネルに拡張され、よりディープな歪みが得られるように進化を遂げたエフェクター/プリアンプ・ペダルです。

従来のVH4 PEDALはVH4のチャンネル3を再現していましたが、VH4-2 PEDALではもう一段階ゲインの強いディストーション/リード・チャンネルであるチャンネル4が追加されています。各チャンネルごとに独立したGainとMasterが用意されているので、まさにアンプと同じ感覚で使うことができます。

クリーン・アンプがDiezelに

VH4-2 PEDALは、クリーン・アンプにつなぐ、もしくは単体プリアンプとしてパワー・アンプにつなぐという2つの使い方ができるのですが、今回はクリーン・セッティングのJC-120と組み合わせてエフェクター的に使ってみました。

エフェクター/プリアンプの場合、特に深く歪ませて使うと音のレンジが狭くなったり、特定の帯域だけがピーキーになるケースもありますが、そういった要素は一切なく、驚くほどナチュラルなアンプ・サウンド。VH4が鳴っていると言われても、何の違和感もなく受け入れられるサウンドには驚かされました。各パラメーターのかかり方も非常に自然で、イメージしたサウンドを簡単に作れるでしょう。

チャンネルはスイッチ1つで切り替え可能で、Ch3はGain低めでクランチ。Ch4はリード・サウンドという実戦的な使い方もできるので、Diezelファンならずとも、歪んだサウンドを弾くすべてのギタリストに自信をもってお勧めします。


■販売価格

5万1,000円(税込)

■お問い合わせ先

モリダイラ楽器
メーカーの製品紹介ページ

関連記事

ページ上部へ戻る