DAW / Plugin

DOTEC-AUDIO / DeeComp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

注目を集める国産プラグイン・デペロッパーが手がける、ハイエンド・コンプレッサー・プラグイン

世界で注目を集める国産デペロッパー

どんな音作りにも良い感じに仕上げるポイントがあるもの。そんなポイントを押さえたコンプレッサー・プラグインがDOTEC-AUDIOの「DeeComp」です。プロフェッショナルの仕事道具としてのツボを押さえた本プラグインは、使いやすさも抜群で「コンプって何?」という方でも感覚的に使えるハイエンド・コンプレッサーです。早速詳細を見ていきましょう。

ミュージシャンでもあるフランク重虎氏が音響デザインを、メカニック・デザイナーとして活躍する出雲重機が画面デザインを手がけるDOTEC-AUDIO。海外メーカーが中心のプラグイン界の中で、国産のブランドであり、かつ高クオリティーなサウンドとわかりやすい操作感で世界的に注目を集めているブランドです。先日、同社の全製品が待望のAAXフォーマット対応を果たし、あらゆるDAW環境で使用可能になりました。

曲作りやミキシング作業では、いろいろなエフェクトを使用しますが、中でも圧倒的に使用頻度が高いのがコンプレッサーとEQ。特にコンプレッサーはモデルによってかけた時のサウンド・キャラクターが異なり、使用する楽器や用途、出したい質感によって使い分けるのが基本ですので、どれだけ持っていても困らないエフェクトであると言えます。

プロの仕事道具

メカニックなユーザー・インターフェイスが特徴のDOTEC-AUDIO。DeeCompもスライダーを中心とした印象的なものになっています。パラメーターは左から順に「INPUT」、「WIDE」、「HP」、「KNEE」「THRESHOLD」、「RATIO」、「ATTACK」、「RELEASE」、「OUTPUT」、「WET」と非常にシンプル。それぞれパラメーターの名前通りなので、何も考えることなく使い始めることができます。

DeeCompを使って最初に感じたのは、非常にタイトで、キッチリとしたダイナミクス処理と、同時に幅広い音作りができるツールとしての高い完成度。レベル差を整えるダイナミクス・コントロールか、激しくコンプレッションさせてのサウンド・メイクのどちらかの目的でコンプを使うことが多いと思いますが、どちらの用途でもしっかりと仕事をこなしてくれます。

KNEEで穏やかなカーブを設定すれば、レベル差をしっかりとコントロールしてくれるのでボーカルやベースなどナチュラルに整えたいパートに最適。面白いのがATTACKとRELEASEタイムを0まで下げられる点。ATTACKを0にすることで歪んだような独特のサウンドを作ることができるので、ドラムやパーカッション、シーケンスなどアタックのハッキリしたパートに使ってみてください。またRATIOは1:1よりも低く設定でき、その場合はエクスパンダーとして動作します。

また、強めにコンプレッションをかけた時にもサウンドのバランスや特性が変わりにくく、音ヤセなどのない自然な仕上がりになるのも使いやすいポイントです。シンプルな見た目とは裏腹に、プラグインの内部では2バンドで処理されているということなので、その効果が表れているのでしょう。

さらにサウンド・メイクに効果的なパラメーターも満載。WIDEスライダーは左右の音像を広げることができるパラメーターで、広げた状態でもセンターの音像がブレることがなくステレオ感を調整するのに便利です。ドラムのステムやマスター・トラックではHP(ハイパス・フィルター)を使えば、低域をタイトにまとめ上げることもできます。そしてDRY/WETの調整やサイド・チェイン入力、オート・リミッター機能まで網羅。

このように、DeeCompが1台あればコンプに求める大体のことに対応可能。このようなプラグインを持っていると、本当に作業が楽になります。

感覚的に使える操作感

スライダー式のユーザー・インターフェイスはパラメーターの数値に惑わされることなく音作りができるのも特徴であり、メリットでしょう。例えば、数値やグラフィックが全面に出たプラグインの場合、こんなにレシオを高くしちゃって大丈夫かな…という心理に陥りがちだと思いますが、DeeCompのスライダー形式はパラメーターよりもサウンドの変化でジャッジができるので、ちょうどアウトボードを使っているかのような感覚で使えます。

DOTEC-AUDIOからは、DeeComp以外にもミュージシャン視点で作られた音楽的なプラグインが各種ラインアップされています。全ソフトの無料体験版が公開されているほか、フリー・プラグインも用意されているので、ぜひホームページ(https://dotec-audio.com/)をチェックしてみてください。


■販売価格

1万2,000円(税別)

■お問い合わせ先

DOTEC-AUDIO(ドーテック・オーディオ)
メーカーの製品紹介ページ

関連記事

  1. IK Multimedia / AmpliTube MAX
  2. ZOOM / H1n
  3. Novation / MiniNova
  4. LEWITT / LCT 240 PRO
  5. NEU / DD1200mk3
  6. Serato / Sample
  7. NATIVE INSTRUMENTS / SYMPHONY ES…
  8. 人気オーディオ・インターフェイス 10モデルのサウンドを聴き比べ…

特集記事

  1. メジャー・レーベルに聞く 楽曲コンペと音楽制作サロン
  2. 異次元の表現力! Fractal Audio Systems / Axe-Fx IIIの魅力を、オカダインターナショナルで伺ってきた
  3. これがレベルアップの近道だ! 耳コピで完コピのススメ
  4. ミュージシャンなら知っておきたい、音楽著作権の基礎知識
  5. モニター・スピーカーのセッティング方法を徹底解説!
  6. 人気のマイク10モデルのサウンドを動画で徹底検証!
  7. 人気オーディオ・インターフェイス 10モデルのサウンドを聴き比べよう!

新製品情報をチェック!

  1. iCON / Qcon Pro X

製品レビュー

Roland / AX-Edge レビュー

昨今の楽曲において、「キーボード/シンセサイザー」は欠かすことのできないパートです。しかし演…

SYNERGY AMPS / SYN1 レビュー

サウンドを"着せ替える"曲に合わせて好みのサウンドを追求するというのは、ギターを弾く上での大きな…

Jim Dunlop / Cry Baby MINI 535Q WAH

表情豊かなワウ・サウンドを、コンパクト・ボディーに凝縮ワウ・ペダルのスタンダードギターの音の…

BOSS / MS-3

いくつものエフェクトを組み合わせて、楽曲のイメージにピッタリなサウンドを作る…ギターやベース演奏の醍…

Roland / GO:MIXER

演奏風景を動画で撮りたい。そんな時に課題となるのが音声クオリティーです。映像に関してはスマートフォン…

PAGE TOP