DAW / DTM関連

STEVEN SLATE DRUMS / SSD5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2000年代初頭、Steven Slateは業界初のプロドラムサンプルSSD(Steven Slate Drums)を製作し、オーディオ業界の名声を得ました。
著名なプロデューサーやミキサーの為にカスタムドラムサンプルを数年作った後、2006年に正式に商品としてリリースされました。
そして今、Steven Slateによって生み出された多くの製品はプロフェッショナルオーディオの業界標準にまで成長しました。

EASY EDITING
Steven Slate Drums4 Platinum

SSD5はドラムキットを簡単に編集可能です。
ドラムキット/パーツを選び、マイクとルーティングをカスタマイズし、MIDIマップを選択し、各キットのベロシティとダイナミクスカーブをカスタマイズし、必要に応じてカスタムトーンを構築します。


インストルメントを個別にサウンドメイク。 ハイハットのショットとペダルやスネアのリムショット/サイトスティックなどのバランスを細かく調整が可能になりました。


ダイナミクスをコントロールすることでソフトヒット/ハードヒットの音量差を細かく調整することができます。
インストルメントの発音される最大値と最小値を設定したり、MIDIトラックから受けたヴェロシティデータをSSD5内でどう扱うかを調整することが可能です。


マイクのルーティングを個別に設定が可能。
DAW側でパラアウトを有効にすることで細かい調整を行なうことが可能になります。


ADSR (Attack,Decay, Sustain, Release) を細かく調整することができます。
この機能によって、サウンドデザインに無限の可能性をもたらすことが出来ます。

MIX IT
Steven Slate Drums4 Platinum

SSD5に搭載されるミキサーはルームマイク及びクローズドマイクへのアクセスを容易にし、完璧なドラムミックスを作成することを可能にします。
パートごとに個別にルーティングさせることができるので、お好みのオーディオプラグインを使ってDAW上で自由にサウンドメイクすることもできます。
これまでのSSDには無かったマスターボリュームコントロールも搭載されました。


インストルメントのシグナルをパラアウトすることができます。SSD5から出力したシグナルをDAW上でオーディオトラックとして個別にエディットすることが可能です(Slate Digitalのオーディオプラグインなどを使って!)。


ルーティングプリセットを使ったり、自分で作成したルーティングプリセットを保存しておくことが可能。

MAP IT
Steven Slate Drums4 Platinum

SSD5のMIDIマップコンバーターを使えば簡単にMIDIマップをカスタマイズすることができます。
プリセットも再マッピング可能です。
一度作成したMIDIマップは保存し簡単にロードすることができます。

DRUM LOCKER BREAKDOWN
103 Kicks
111 Snares
115 Toms (21 sets)
16 Hi-Hats
10 Rides
49 Crashes
3 Splashes
5 Chinas
13 Various Percussion (Including 1 Cowbell)
4 SFX

SYSTEM REQUIREMENTS
•macOS 10.8, or Higher
•Windows 7, or Higher
•1024×768 Screen Resolution, or Higher
•4GB RAM, or Higher
•Intel or AMD CPU 1Ghz, Or Higher
•SSD5のご利用にはiLokが必要です


■販売価格:1万9,440円(税別)

■お問い合わせ先:宮地商会MID
メーカーの製品紹介ページ


 

関連記事

  1. IK Multimedia / iLoud MTM
  2. Gretsch / G6120T-RW-KDFSR Chet A…
  3. Seymour Duncan / 新ピックアップ5モデルが新登場…
  4. Moore / PE100
  5. Caroline Guitar Company / HAWAII…
  6. Mackie / MCシリーズ、CR-Budsシリーズ
  7. FREE THE TONE / PA-1Q SERIES
  8. RESONANCE SOUND / GRIP-VALVE DRI…

特集記事

  1. メジャー・レーベルに聞く 楽曲コンペと音楽制作サロン
  2. 異次元の表現力! Fractal Audio Systems / Axe-Fx IIIの魅力を、オカダインターナショナルで伺ってきた
  3. これがレベルアップの近道だ! 耳コピで完コピのススメ
  4. ミュージシャンなら知っておきたい、音楽著作権の基礎知識
  5. モニター・スピーカーのセッティング方法を徹底解説!
  6. 人気のマイク10モデルのサウンドを動画で徹底検証!
  7. 人気オーディオ・インターフェイス 10モデルのサウンドを聴き比べよう!

新製品情報をチェック!

  1. Apogee / HypeMic

  2. UVI / Pulsar

製品レビュー

GUILD / D-240E レビュー

https://www.youtube.com/watch?v=emoRZjiQjiQ歴史あるU…

Greco / GAJ-30P レビュー

https://www.youtube.com/watch?v=91rEAGndHyw本格的な入…

HEADWAY / HSJ-5115SE レビュー

https://www.youtube.com/watch?v=XfKyo-TSqiw国産アコギ…

MORRIS / G-401 レビュー

https://www.youtube.com/watch?v=3lLh14rdWRY時代を作っ…

Taylor / A12e レビュー

https://www.youtube.com/watch?v=wEo_QQn8glc高いシェア…

PAGE TOP