ドラム

YAMAHA / ツアーカスタム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

『ツアーカスタム』は、シェル材にメイプルを採用し、2種類のサイズ構成と豊富なカラー展開を実現した新モデルです。

北米・欧州産のメイプル材を採用し、メイプル材特有の明るく温もりのあるサウンドが特長です。また、奥行きのある音色、素早い音の立ち上がりと適正なサスティンのあるサウンドを実現したほか、新たに開発したインバースダイナフープによりナチュラルな倍音をコントロールすることで、シェル素材が持つ本来のサウンドキャラクターをより引き出します。

また、外装仕上げでは、サテンフィニッシュの新色5種類をラインアップ。高級感があり美しい杢目のサテンフィニッシュは外装の美しさだけでなくメイプルシェル特有の響きを引き出します。

1.北米・欧州産のメイプル材シェルにより明るく温もりのあるサウンドを実現

シェルにはアウタープライとインナープライに北米産メイプル、センタープライに欧州産のメイプル材を使用しています。バスドラム、フロアタム、タムタムすべてのシェルに6プライ5.6mmという薄いシェルを採用しており、メイプルシェル特有の明るく華やかな広がりのある音質と表現力豊かなサウンドを実現しました。また、ベアリングエッジ加工を45゜/R1.5 と鋭角な仕上げとし、明確なアタック感のあるサウンドを実現しています。

[ 画像 ] 北米・欧州産のメイプル材6プライシェル
北米・欧州産のメイプル材6プライシェル

2.サウンドコントロールとサウンドクオリティの双方を引き出すハードウェア

新たに開発したフープは、従来のダイナフープ(外巻)とは逆の内巻タイプの2.3mmインバースダイナフープ採用しています。また、シェルの振動を阻害せず、打面の響きを余すことなく伝達するアブソルートラグを採用しており、ナチュラルな倍音をコントロールし、シェル素材が持つ本来のサウンドキャラクターを実現しています。そしてタムマウントには「Y.E.S.S(ヤマハ・エンハンスト・サスティン・システム)」を採用し、シェルの鳴りを最大限に引き出します。

[ 画像 ] 新開発のインバースダイナフープ
新開発のインバースダイナフープ
[ 画像 ] アブソルートラグ
アブソルートラグ
[ 画像 ] Y.E.S.Sマウント
Y.E.S.Sマウント

3.新色5種類のカラーバリエーション

カラーバリエーションはサテンフィニッシュの新色5種類をラインアップしています。高級感があり美しい杢目のサテンフィニッシュは外装の美しさだけでなくメイプルシェル特有の響きを引き出します。

[ 画像 ] バタースコッチサテン:BTS

バタースコッチサテン:BTS
[ 画像 ] キャンディアップルサテン:CAS

キャンディアップルサテン:CAS
[ 画像 ] チョコレートサテン:CHS
チョコレートサテン:CHS
[ 画像 ] キャラメルサテン:CRS

キャラメルサテン:CRS
[ 画像 ] リコライスサテン:LCS

リコライスサテン:LCS
バスドラム フロアタム タムタム
シェル素材 メイプル6プライ (5.6mm)
テンション 10 8 6
エッジ角 45゜/R1.5
フープ メイプル(8mm) インバースダイナフープ(2.3mm)
ラグ アブソルートラグ(クローム)
タムマウント Y.E.S.S
ヘッド・トップ レモP3クリア レモアンバサダークリア
ヘッド・ボトム レモP3スムースホワイト レモアンバサダークリア

■販売価格

品名 構成 品番 価格(税抜) 発売日
ヤマハ ドラムス
ツアーカスタム
シェルパッケージ
バスドラム 22” × 16”
フロアタム 16” × 15”
タムタム 12” × 8”
タムタム 10” × 7”
タムホルダー
TMP2F4 195,000円 7月28日(土)
バスドラム 20” × 15”
フロアタム 14” × 13”
タムタム 12” × 8”
タムタム 10” × 7”
タムホルダー
TMP0F4 190,000円
ヤマハ ドラムス
ツアーカスタム
フロアタム 14” × 13” TMF1413 47,000円
タムタム 13” × 9” TMT1309 37,000円

■お問い合わせ先:ヤマハ
メーカーの製品紹介ページ

関連記事

  1. Gretsch / G6118T Players Edition…
  2. Jackson / SDXQ Adrain Smith
  3. Reloop / Reloop RMX-90 DVS 20% O…
  4. Ampeg / PF-112HLF
  5. ERNiE BALL MUSIC MAN / StingRay …
  6. Fender / CLASSICシリーズ 4モデルが登場
  7. Loknob / Loknob Plastic Small
  8. Morton Microphone Systems / Kick…

特集記事

  1. ミュージシャンなら知っておきたい、音楽著作権の基礎知識
  2. モニター・スピーカーのセッティング方法を徹底解説!
  3. 人気のマイク10モデルのサウンドを動画で徹底検証!
  4. 人気オーディオ・インターフェイス 10モデルのサウンドを聴き比べよう!
  5. ヘッドフォン/イヤフォンにこだわる
  6. バンド録音の流れを徹底解説!

新製品情報をチェック!

製品レビュー

Jim Dunlop / Cry Baby MINI 535Q WAH

表情豊かなワウ・サウンドを、コンパクト・ボディーに凝縮ワウ・ペダルのスタンダードギターの音の…

BOSS / MS-3

いくつものエフェクトを組み合わせて、楽曲のイメージにピッタリなサウンドを作る…ギターやベース演奏の醍…

Roland / GO:MIXER

演奏風景を動画で撮りたい。そんな時に課題となるのが音声クオリティーです。映像に関してはスマートフォン…

Tracktion / Waveform 9

ミュージシャンやクリエイターがDAWソフトを使う目的は、何と言っても曲を作ること。その本質を追求…

Way Huge / WHE214 Pork & Pickle Bass Overdrive

WAY HUGE初となるベース用エフェクターが登場オーバードライブ/ファズ・ペダ…

PAGE TOP