Teenage Engineering / PO-32の基本的な楽しみ方を紹介します。同社のマーケティング・コーディネーター、スミス・グラント氏によるインタビューやデモンストレーション動画も公開中ですので、併せてご覧ください。

パターンをプレイする

16のパターンは「pattern」キーを押しながら1〜16のキーを押すことで、切り替えることができます。もちろん再生中に別のパターンに切り替えるのもOK。次の小節のタイミングでパターンが切り替わります。もちろんテンポやスウィングの変更も可能です。

パターンを作る

パターンを編集するには、まず「sound」キー+数字キーでエディットしたいサウンドを選択し、「write」ボタンを押して記録できる状態にします。
この状態では1〜16のキーが各ステップを表すので、ボタンを押して鳴らしたいタイミングのLEDを点灯させれば入力、もう一度押して、消灯させれば消去されます。ステップ・シーケンサーなので、再生させながらリアルタイムにパターンの編集が行えます。また、「wirte」モードがOFFの状態で「write」ボタンを押しながら数字キーを押せば、ライブ録音が行えます。

サウンドを調整する

再生中はビートに様々な効果を与えることができ、「FX」+数字キーでは16のエフェクト効果を付けられます。エフェクトはシーケンサー上に打ち込むことで、特定のステップだけに効果を与えることもできます。また、「acc」+数字キーでは特定のステップにアクセントを付けることが可能。「bpm」+つまみAを回せば、スイングの調整が行えます。さらに、「sound」+数字キーを押せば、特定のサウンドをソロ再生することもできるので、音を抜き差しするようなパフォーマンスも行えます。

パターンをチェインする

作成したパターンの組み合わせを「チェイン」と して記録することもできます。「pattern」 を押しながら使用したい順番に数字キーを押していくことで、最大64個のパターンを記憶可能。1つのパターンを繰り返して演奏することもできるので、簡単に曲の展開を組み立てられます。

microtonicと連携する

パソコン上のmicrotonicで作成した音色やリズム・パターンをPO-32に転送することができます。操作は簡単で、レシーブ状態(acc+sound)にしたPO-32のマイク部分をスピーカーのツイーターに向け、microtonicで転送したいパッチを選んだら、 画面上の「transfer」ボタンを押すだけ。スピーカーから信号音が鳴り始め、データが転送されます。

https://digireco.com/?p=1511


■税抜き価格

1万1,000円

■お問い合わせ先

株式会社メディア・インテグレーションMI事業部
メーカーの製品紹介ページ