オリジナルのラックを組み上げる

DAW付属のプラグインからのステップ・アップの定番の1つ、Native Instrumentsの「KOMPLETEシリーズ」にも含まれているアンプ/エフェクト・プラグインがGuitar Rig 5 Pro。アンプ・モデリングの定番ソフトウェアとして進化を続けてきた、実力派です。

Guitar Rigのインターフェイスは非常にシンプル。アンプやキャビネット、各エフェクトを画面内の仮想ラックにマウントしていくことで、オリジナルのサウンドを作っていきます。ストンプやアンプといった区別がないので、画面切り替えなどの操作が最小限に抑えられる点も大きな特徴です。

こだわりのエフェクターを収録

そんなGuitar Rig 5 Proに収録されているエフェクトはアンプ・モデルが17種類とキャビネットが27種類。さらにエフェクトは54種類で、多彩な音作りに対応します。特にキャビネットは自由度が高く、「CONTROL ROOM PRO」というキャビネット・モジュールは8系統のキャビネットとマイクの組み合わせをミックス可能。

同じキャビネットを複数のマイクで録るという定番の手法から、それぞれ別々のキャビネットで鳴らしたり、マイキングの位置やルームの鳴りを調整するといったレベルでサウンドを追い込むことができます。なお、キャビネット・シミュレーションにはIRが使われており、IRファイルはキャビネットの再現に定評のあるRedwirezの手によるものです。

エフェクトもギターでお馴染みのモデルが網羅されていますが、ユニークなのはシンセサイザーで多用されるフィルターやモジュレーション、各種ユーティリティーなどが用意されている点です。これらを組み合わせることで、他のシステムでは出せないような独創的なサウンドを簡単に作り上げることができます。


【動作環境】

Mac ●CPU:Intel Core 2 Duo以上●RAM:4GB以上●OS:Mac OS X 10.7以降●対応プラグイン・フォーマット:Audio Units、VST、AAX、スタンドアロン

Windows ●CPU:Intel Core 2 Duo、AMD Athlon 64 X2以上●RAM:4GB以上●OS:Windows 7以降●対応プラグイン・フォーマット:VST 2、AAX、スタンドアロン

■販売価格

2万4,800円

■お問い合わせ先

Native Instruments
メーカーの製品紹介ページ