エフェクター

HOTONE / XTOMP mini

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

170を超えるエフェクトを着せ替え可能な、最新デジタル・ペダル

使いたいエフェクトを着せ替える

欲しいエフェクトをすべて揃えていたら、お財布も足元も大変なことになってしまいますよね。使いたいときに、使いたいエフェクターを入れ替えて使える。そんなカメレオンのようなペダルがHOTONEの「XTOMP mini」です。

小さくても本格派。そんな言葉がピッタリのHOTONE。実はデジタルのエミュレーション技術の高さに定評のあるブランドでもあります。そのデジタル・エフェクトをスマートフォン経由でペダルに転送、自由に入れ替えて使える製品として大きな話題を浴びたXTOMPの基本機能を、コンパクト・サイズに収めたのがXTOMP miniです。

XTOMP miniは、スマートフォン上のXTOMP freeというアプリからBluetoothでエフェクトを転送して使用します。Bluetoothというと、ペアリングが面倒かな…と思っていたのですが、実際にはすべて自動で行われるため、ユーザーはスマートフォンのBluetoothをONにしてアプリを起動し、使いたいエフェクトを選んでタップするだけ。手動で設定するような操作は一切不要で、転送にかかる時間はわずか数秒。とても簡単です。

あらゆるエフェクトを網羅

実際にどんなエフェクトが使えるのか…ですが、使用可能なエフェクト数は現段階で170オーバー。各エフェクトはカテゴリごとに分類されているのですが、歪みやモジュレーション、空間といった定番エフェクトから、アンプ・モデリングやキャビネット・シミュレーターまで搭載。アプリ上には実機を彷彿とさせる画面が表示され、音もかなりリアル。時間を忘れて遊んでしまいました。モデルはすべて無料で使え、毎月のように追加されているとのことです。

パラメーターは本体の6つのパラメーターに自動アサインされるので、操作感はコンパクト・ペダルとまったく同じ。パラメーターがアサインされたノブは、LEDが点灯します。

どんなエフェクターにも「変身」できるXTOMP mini。ペダル・ボードに無限の可能性を与えてくれる魅力的なアイテムです。


■販売価格

オープン(実勢価格:1万6,500円/税抜)

■お問い合わせ先

オールアクセス
メーカーの製品紹介ページ

関連記事

  1. Positive Grid / BIAS Head – 後編 –…
  2. IK Multimedia / T-RackS 5
  3. Townsend Labs / Sphere L22
  4. VOX / Adio Air GT
  5. DigiTech / SDRUM
  6. Sample Modeling / The Violin
  7. ZOOM / ARQ AR-96
  8. Nugen Audio / Modern Mastering B…

特集記事

  1. モニター・スピーカーのセッティング方法を徹底解説!
  2. 人気のマイク10モデルのサウンドを動画で徹底検証!
  3. 人気オーディオ・インターフェイス 10モデルのサウンドを聴き比べよう!
  4. ヘッドフォン/イヤフォンにこだわる
  5. バンド録音の流れを徹底解説!

製品レビュー

Jim Dunlop / Cry Baby MINI 535Q WAH

表情豊かなワウ・サウンドを、コンパクト・ボディーに凝縮ワウ・ペダルのスタンダードギターの音の…

BOSS / MS-3

いくつものエフェクトを組み合わせて、楽曲のイメージにピッタリなサウンドを作る…ギターやベース演奏の醍…

Roland / GO:MIXER

演奏風景を動画で撮りたい。そんな時に課題となるのが音声クオリティーです。映像に関してはスマートフォン…

Tracktion / Waveform 9

ミュージシャンやクリエイターがDAWソフトを使う目的は、何と言っても曲を作ること。その本質を追求…

Way Huge / WHE214 Pork & Pickle Bass Overdrive

WAY HUGE初となるベース用エフェクターが登場オーバードライブ/ファズ・ペダ…

PAGE TOP