配信マスタリングの必須ツールをバンドルした、クリエイター注目のツール・セット

配信時代の必須アイテム

SpotifyやApple Musicといった音楽配信サービスが当たり前に行われるようになりました。これに伴って、音楽を作る側にも大きな影響が出ています。それが、配信に適したフォーマットにマスタリングすること。これまでのCD向けのマスタリングとは少し違った知識とツールが求められています。

そんなネット配信用のマスタリング・ツールで評価の高いNugen Audioの3プラグインをバンドルした日本限定パッケージ「Modern Mastering Bundle」が登場です。収録される各プラグインを紹介していきます。

MasterCheck Pro

従来のCDとネット配信の最も大きな違いは、ラウドネス・マネージメントが必要になったことではないでしょうか。つまりCD用のマスタリングをそのまま配信に使ってしまうと、自動的にラウドネス・レベルが合わせられてしまい、意図したサウンドとかけ離れた音になったり、クリップが起きる可能性もあります。MasterCheck Proを使うことで、各配信サービスに適したラウドネスとコーデックを事前にチェックし、理想のサウンドを配信することができます。

Visualizer

Visualizerは、マスタリング時の指標の1つになるオーディオ解析に特化したプラグインです。レベルや周波数分布はもちろん、ベクターや位相相関までを1つのウィンドウでスマートに確認することができます。スケールもピークやRMSはもちろんボブ・カッツ氏の提唱するK-Scaleや、それらを複合させることもできるなど、必要なすべてが手に入ります。

ISL 2

先読み計算により、マスタリングで度々問題になるトゥルー・ピークを抑え込むことができるリミッターがISL2。ITU-R B.S.1770で定められたトゥルー・ピークのアルゴリズムに準拠しており、ISL 2を使うことでmp3やAACに変換した際に音が歪んでしまう、といった現象を防止することができます。

いずれも、ネット配信するならぜひとも手に入れておくべきプラグインです。


■販売価格

3万8,772円(税別)

■お問い合わせ先

メディア・インテグレーション
メーカーの製品紹介ページ

関連記事

ページ上部へ戻る