エフェクター

Positive Grid / BIAS Modulation

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自分だけのシグネチャー・サウンドを作り出す、唯一無二のモジュレーション・ペダル

シリーズ第3弾はモジュレーション

ただ音が良いだけでなく、あらゆるエフェクトを使用でき、しかもパーツ・レベルでカスタムできる。そんなカスタム・エフェクターの夢を手軽に叶えてくれるのがPositive GridのBIASシリーズです。Distortion、Delayに続きハードウェア第3弾として登場したのがモジュレーション。モジュレーションも、既存のペダルでは「ここがもう少し○○だったら最高だったのに…」と感じるエフェクトですので、登場を心待ちにしていた方も多いのではないでしょうか。

まずは収録エフェクトから見ていきましょう。コーラス、ビブラート、フランジャー、ロータリー、フェイザー、トレモロ、パン、リングモジュレーション、オート・スウェルの合計9種類で、うち7種類には本体左側のつまみから直接アクセスできます。工場出荷時にはあらかじめ10種類プリセットが搭載されていますが、付属のBIAS Pedalアプリを使うことで自由に入れ替えることも可能です。

自分のサウンドを追求する

操作方法は非常にシンプルで、エフェクト・タイプを選んだら、あとはつまみを使って各パラメーターを調整していくだけ。つまり、通常のエフェクト・ペダルとまったく同じように使うことができます。

プリセットの状態でも非常に完成度が高く音楽的なサウンドで、これだけでも十分満足できそうですが、BIAS Modulationの真価は、やはりアプリとの連携でしょう。

パソコンとはUSBで、スマートフォンとはBluetoothで接続することで、本体では隠されていたパラメーターもエディットできるようになります。どんな風に、どのくらい揺らすのかといった基本から、電源によるサウンド変化までいじれますが、難しく考えなくても、回してみて好みの音を探す。これだけで理想のトーンが作れます。


■販売価格

5万2,000 (税込)

■お問い合わせ先

メディア・インテグレーション
メーカーの製品紹介ページ

関連記事

  1. LEWITT / LCT 240 PRO
  2. HOTONE / XTOMP mini
  3. ZOOM / U-22
  4. Roland / GO:MIXER
  5. JBL PROFESSIONAL EON208P
  6. ZOOM / AC-3
  7. Native Instruments / KOMPLETE KO…
  8. IK Multimedia / T-RackS 5

特集記事

  1. モニター・スピーカーのセッティング方法を徹底解説!
  2. 人気のマイク10モデルのサウンドを動画で徹底検証!
  3. 人気オーディオ・インターフェイス 10モデルのサウンドを聴き比べよう!
  4. ヘッドフォン/イヤフォンにこだわる
  5. バンド録音の流れを徹底解説!

製品レビュー

Jim Dunlop / Cry Baby MINI 535Q WAH

表情豊かなワウ・サウンドを、コンパクト・ボディーに凝縮ワウ・ペダルのスタンダードギターの音の…

BOSS / MS-3

いくつものエフェクトを組み合わせて、楽曲のイメージにピッタリなサウンドを作る…ギターやベース演奏の醍…

Roland / GO:MIXER

演奏風景を動画で撮りたい。そんな時に課題となるのが音声クオリティーです。映像に関してはスマートフォン…

Tracktion / Waveform 9

ミュージシャンやクリエイターがDAWソフトを使う目的は、何と言っても曲を作ること。その本質を追求…

Way Huge / WHE214 Pork & Pickle Bass Overdrive

WAY HUGE初となるベース用エフェクターが登場オーバードライブ/ファズ・ペダ…

PAGE TOP