伝説の”ヤオヤ”サウンドが、最新テクノロジーで完全復刻

伝説のサウンドがデスクトップに

「808=ヤオヤ」の愛称で親しまれ、ヒップホップを始めとしたクラブ・シーンを牽引してきた伝説のリズム・マシンTR-808が、Roland Boutiqueシリーズ「TR-08」として登場です。TR-808は1980年に発売されたフル・アナログのリズム・マシンで、そのサウンドは超定番音色として、数々の音源に収録されていますが、やはり本家のハードウェアは違う! そう感じさせてくれる製品です。早速見ていきましょう。

楽器は音も大切ですが、手にした時にワクワクできるかどうかも重要。TR-08は実機をそのままダウン・サイジングした外観で、ボタンやノブの質感に至るまで、実機へのリスペクトを感じる再現性の高さにテンションが上がります。

サウンド部は、既にお馴染みとなったACBテクノロジーが使われており、実機の回路をパーツ・レベルで再現。アナログ・パーツならではの不安定さや独特の挙動まで再現されています。

新世代の808

サンプル素材と決定的に違うのは、チューニングやディケイで音作りができる点。もちろんサンプラーでもシンセのパラメーターとしてエディットすることはできますが、やはり実機ならではの挙動やつまみの位置によるシームレスな変化は、専用ハードウェアでしか味わえない領域です。

16ステップのシーケンサーも搭載されていますが、この部分にはオリジナル・モデルにはなかった追加機能も。それが、各ステップごとに用意された16のサブ・ステップです。特にスネアやハットをロールさせる時のバリエーションが広がったので、現代的な音数の多いパターンもバッチリ対応できるようになっています。

なお、USB接続時にはUSBオーディオ/MIDIインターフェイスとして動作。その場合は10チャンネルのパラ・アウトが可能なので、DAW側で細かくサウンドを追い込んでいくことができたりと、制作用途にもピッタリ。実機を知らない方にも、ぜひ触れていただきたい1台です。


■販売価格

オープン(4万6,000円/税抜)

■お問い合わせ先

ローランド
メーカーの製品紹介ページ

関連記事

ページ上部へ戻る