DAWソフトの作業効率を飛躍的に向上させる、最新コントロール・サーフェス

手頃な価格の本格コントローラー

AWを使う上で、もっともストレスになるのがパソコン操作です。この音楽とは関係ない作業を劇的に向上してくれるのがコントロール・サーフェス/フィジカル・コントローラーと呼ばれる製品です。

 しかし、本格的なコントローラーはモデルも少なく、同時に高価なものがほとんどです。そんな中登場したPreSonusのFaderPort 8は、定番となっている1フェーダー・モデルのFaderPortを8チャンネルに拡張しつつも低価格化を実現した今注目のコントローラーです。

 コントローラーは、実際に手で触って使う機材です。そのためハードウェアとしての質感やかっこ良さが非常に重要です。FaderPort 8に搭載されているフェーダーは高級コンソールのような質感で、ストロークも細かい調整が行いやすい100mm。もちろんタッチセンシティブ・モーターを搭載しています。ブラックのボディーと整然と配置された自照式のボタン、高解像度で見やすいスクリブル・ストリップ・ディスプレイなど、使う人のテンションをアゲてくれる要素は十分です。

瞬時にアクセス

何より重要なコントローラーとしての性能。各チャンネルごとのミュート、ソロやトランスポート・コントロールといった基本パラメーターはもちろん、注目したいのが独自のセッション・ナビゲーターという機能。これはDAWを操作する上で欠かせない8つの主要機能に効率的にアクセスするというもの。例えば、複数トラックの録音待機を一括でオンにしたり、ミュートをクリアする。任意のトラックだけ表示させる…といった制作作業の中で必ず出てくる操作をボタン1つで行えます。

この他にもプラグインのパラメーターを割り当ててエディットする。エンコーダーで画面をズーム・イン/アウトする、マーカーを作成したり移動する、テンポを指定するといった操作ももちろんOK。ユーザーが自分の好きな機能を自由に割り当てることができるユーザー・ボタンも4基搭載されているので、カスタマイズすればさらにワークフローを効率化することができるでしょう。

接続はStudio Oneにネイティブ対応するのに加え、HUIエミュレーション/Macike Controlに対応し、ほぼすべてのDAWソフトで使用可能。ドライバ不要で、USB接続するだけで即、使い始めることができます。ちなみに、Studio Oneと組み合わせた場合のみ、トラックのプラグインすべてをバイパスしたり、各チャンネルのカスタム・マクロをコントロールする。マウスで選択したパラメーターをコントロールするリンク・パラメーターといった機能が使用可能になります。


■税抜き価格

6万4,800円

■お問い合わせ先

エムアイセブンジャパン
メーカーの製品紹介ページ

関連記事

ページ上部へ戻る